京成杯・日経新春杯・愛知杯(3連単万馬券など完全的中!)2023回顧

京成杯2023の1~5着馬の血統はこちらの表のようになっております。

京成杯の予想はこちらでした。
(単勝的中)

ソールオリエンスが圧勝。
4コーナー~直線入り口で外に膨らんでしまってセブンマジシャンの邪魔をしてしまったことは良くないですが、この馬自身もあの状態からはちょっと信じられないような加速。
ラップを見るとあの地点は前の馬も加速しているのでそう簡単に差を詰められないはずなのですが、差を詰めるどころか並んで交わして突き抜けてですから能力は相当なものがあると思います。
まだ心身ともに完成度は低いようなので無理せずじっくりと育ててほしいですね。

オメガリッチマンは最低人気での激走。
最後の伸びや走り方はとても最低人気の馬という感じではなく、これまでの走りは何だったのか。

セブンマジシャンはソールオリエンスに前をカットされましたが、実際はそこまで大きな影響はなかったか。
デビューからの2戦と比べるとホープフルSと今回は物足りない走り。
前半そこまで消耗している感じもないですが、最後はちょっと集中力が切れている感じもあり距離短縮もひとつの手でしょうか。

 

 

日経新春杯2023の1~5着馬の血統はこちらの表のようになっております。

日経新春杯の予想はこちらでした。
(単勝的中)

道中はスロー。

勝ったヴェルトライゼンデは先団で進めて直線は外の方に持ち出しゴール前差し切り。
少しタフな馬場は悪くないタイプですし。やはり外国人騎手はこういう馬場が得意。
59kgでもこの合わせ技でしっかり力を出し切れたという感じ。

ロバートソンキーは道中はヴェルトライゼンデをマークするような形で進めることが出来て良かったですが、直線では前がぽっかり開いてしまったこともあって今日まったく伸びていないラインを走ることになってしまいました。
これでも伸びてきていたので力があることは確かですし、もっと内か外ならまた違ったかなと思います。
今日の乗鞍がここだけだったから、ということも否定はできませんね。

 

 

愛知杯2023の1~5着馬の血統はこちらの表のようになっております。

愛知杯の予想はこちらでした。
(単勝・3連複・3連単322.2倍完全的中!!)

スローからの上がり勝負。
馬場を考慮してもスローでしたし、意外にも内が悪くなっていなかったこともあり、道中5番手以内の馬たちがそのまま掲示板を占めました。

勝った◎アートハウスはやはり休み明けから能力全開というタイプ。
次に向けてしっかりリフレッシュしておきたいですね。

 

 

血統フェスティバルメルマガ・完全版
新規読者中!!https://regimag.jp/m/magazine/sell/?magazine=3327

2022年のレジまぐ年間回収率118.9%でした
2019~2022年と4年連続プラス回収率を達成!!

(こちらはレジまぐ発行者が見られる成績画面をキャプチャしたものです。)

 

1月21日は午前中の勝負レース予想、午後の勝負レースの予想予想あわせて12レースの予想を配信する予定です。
1月22日は午前中の勝負レース予想、午後の勝負レースの予想、東海Sの予想、アメリカJCC全頭解説付き予想あわせて12レースの予想を配信する予定です。
30日間の購読となるので、月の途中から購読を開始しても損にはなりません。
いつでも安心して購読を開始できるようになりました^^

ワールド東京新聞杯
マスターズ東京新聞杯
最新情報をチェックしよう!