中山金杯2020・京都金杯の回顧

中山金杯2020の1~5着馬の血統はこちらの表のようになっております。

中山金杯2020の予想はこちらでした。

前半はスロー。
それでいて動きもありませんでしたから、ずっと前の馬たちが主導権を握っていたことになります。
たっぷり楽をした後、中盤過ぎからペースアップしたことで後ろの馬たちは簡単に差を詰めることは出来ませんし、4コーナー~直線入り口で加速して外を回った馬たちにトドメ。
最後は少し止まりかけているのですが、後ろの馬たちも差を詰めようとしたタイミングでペースアップされたり外を回らされたりで差し込んで来るほどの余力はなかった。

 

スピードの持続力ならこの路線でもトップと言っても良いくらいのトリオンフが勝利。
好位から総合力を活かしたウインイクシードが2着。
内を立ち回ったテリトーリアル・ノーブルマーズが3着4着。

 

後ろからの決め打ちをした馬たちにはノーチャンスでした。

 

 

PR.正月競馬で太めの馬が多かったと感じた方は『馬生(ウマナマ)』がオススメ。
現場の生情報に定評のあるサイトです。

 

 

京都金杯2020の1~5着馬の血統はこちらの表のようになっております。

京都金杯2020の予想はこちらでした。
(ワイド的中)

 

こちらは近年の傾向通り中盤から直線を迎えるまでペースが緩んだのですが、今年はそこで動いて行く馬がいなかったので前・内の馬が有利に。

 

年明け初日の競馬ということもあってか東西ともに全体的にノンビリしたレースが多かった印象。
完全に読み間違いで、申し訳ございませんでした。
ただ、この両金杯や初日の競馬の内容から大事なポイントを思い出すことが出来ました。
すぐにここ数年の全重賞のデータを確認し直し、例えば中山金杯の◎クレッシェンドラヴは期待値が低かったことがわかり反省することができましたし、ここに気づけたことは今年はもちろん、また忘れることがなければ何年もの間絶対に役立つはずで、早い時期に気がつけたことは良かったです。

 

PR.『馬生(ウマナマ)』の強みは現場からのナマ情報と少ない買い目
本物の生情報は必見です!!

 

お正月競馬どうでしたか!?

これだけ時代が進んでも、正月明け、そして冬場ということもあり、
太めの馬が多かったと感じませんでしたか?
つまり、今の時期はいつも以上にレース当日の状態が重要になるのです。

 

こういう時に頼りになるのが現場の生情報ですし、
今回見つけた『馬生(ウマナマ)』は、その生情報に定評があるんです。

 

調整過程での状態はもちろん、
レース当日の馬場状態や、
パドックに返し馬までしっかりとチェックして
まさにナマ情報を配信してくれます。

 

僕なんかは血統で予想を組み立てていますから、
こういうナマ情報を補完できることはかなり助かりますし、
実際かなり助かっています。

 

これは他のデータ派、指数派などにとっても良いサポートになると思いますね。

 

『馬生(ウマナマ)』はメールアドレスだけ必要で
登録は無料なのですが
それでも質の高い情報がもらえるんです。

 

しかも、今はちょうどキャンペーン中で
新規登録者の中から抽選で選ばれた方には
「新規入会お試しプラン」という、普段は有料で提供しているプランを
無料で提供してくれるとのこと!

このプラン、今週も2鞍合計で14万円の払い戻し!

 

これはとりあえず運試しのつもりで無料登録するのが良いかもしれませんね。

 

ナマ情報で大きく勝つ!『馬生(ウマナマ)』【シンザン記念】無料極秘ナマ情報は必見!
人数限定での公開ですので締め切っていたら申し訳ございません。
早めに登録することをオススメします!
↓  ↓  ↓  ↓
⇒馬生への無料登録はこちらから

最新情報をチェックしよう!