きさらぎ賞2021予想参考 中京の血統傾向

きさらぎ賞2021が行われる中京芝2000mの血統データを予想に役立つ見やすい色分け表にまとめました。

中京芝2000mの傾向を分析することできさらぎ賞の注目馬を探します。

 

 

中京芝2000mの傾向

ロベルト系が好調で、父と母父をあわせると6勝をあげています。

 

 

サンデーサイレンス系ではやはりディープインパクト(サンデーサイレンス系)の系統が好調。
ステイゴールド(サンデーサイレンス系)ハーツクライ(サンデーサイレンス系)の系統も良いですね。
※きさらぎ賞の登録馬ではアクセル・ヨーホーレイク・ランドオブリバティがディープインパクト(サンデーサイレンス系)の系統、
トーセンクライマー・ラーゴム・ヴェローチェオロがステイゴールド(サンデーサイレンス系)の系統です。

 

 

サドラーズウェルズ系などのスタミナ型ノーザンダンサー系(大系統)にも注目です。

あわせて読みたいきさらぎ賞2021関連の記事はこちら

⇒きさらぎ賞2021過去5年の血統データ
⇒きさらぎ賞2021最終追い切り情報
⇒きさらぎ賞2021プレ予想

 

 

 

“競馬は稼げない”という考えは今すぐに捨てて下さい

多くの人間が勝てないからこそ、
勝率を変動させ、勝ちを引き寄せる事で
「大きな配当=大金」を得る事が可能になる、

その差こそが競馬投資における最大の妙味。
そして、その差を決定付けるもの、それは

総合的な情報力

その情報を持っていると豪語するTENKEIへの新規無料登録はこちらから
↓ ↓ ↓ ↓

最新情報をチェックしよう!