ジャパンカップ2022回顧(3重賞本命馬3連勝)

ジャパンカップ2022の1~5着馬の血統はこちらの表のようになっております。

ジャパンカップの予想はこちらでした。
(単勝・ワイド)

◎→△→〇での決着でしたが、予想を読んでくれた方はご存知の通り
今回買いたいのは
◎ヴェラアズール
〇ヴェルトライゼンデ
▲ユニコーンライオン
の3頭のみで
単勝・ワイド的中

△を買っていれば3連単も当たったし、ヴェルトライゼンデ3着で馬連を惜しくも逃してしまいましたが、この買い方で良かったような気がしています。

レースは全体で見ればスローですがガクンとスローになるということはなく、12秒台前半から半ばのラップが続くというスタミナもジワジワ削られながらの末脚比べ。

勝った◎ヴェラアズールは中団馬群から。
スタートはいまいちも1コーナーまでのポジション争いで引かなかったこともあり、いつもよりも良い位置を取ることが出来ましたね。
直線もなかなか進路が出来ませんでしたが、決して焦らず減速させずに進路を探すことが出来ていました。
今のこの馬の充実度とムーア騎手の剛腕が組み合わさればあのくらいの脚は使えるだろうという、納得の勝利でした。
もちろん人馬ともに強かった。

2着シャフリヤールは外から伸びて2着。
正直もうここまでの脚は使えないだろうと分析していましたが、天皇賞よりもここを狙ってきている感じもありましたし、天皇賞で不発だったとはいえC.デムーロ騎手ですからね。
やはり想定以上の走りをしてきた。
想定以上なのに「やはり」というのはおかしいですが、これがあるから外国人騎手は怖いですし、予想での評価が定まらずにだったら印は打つけど買わないかという判断になったというわけです。

3着はヴェルトライゼンデ
消耗が少なかったことと、今回馬群での競馬が出来たことはプラス材料でしたが、やはりこの馬もそれ以上に外国人騎手の存在は大きかった。

4着デアリングタクト
こちらは最後の不利がなければもっと際どかったと思います。
外国人騎手が乗って気合い注入された感じでしたね。

ここ数年の無観客の時期は個人的にはよくわからない納得し難い結果になるレースが多く、もしかしたら観客がいないことでリラックスして走れる馬というのも多くいて、それでこうなっているのかもと考えたりもしていたのですが、なんてことはなくて、外国人騎手がいないから力を上手く引き出してもらえなかった馬が負けて、その中でたまたま上手く乗ってもらった馬が勝っていたというレースが多かったのかという考えに残念ながら落ち着きそうです。
日本人騎手の奮起を願っています。

 

 

今週末の重賞は
京都2歳ステークス ◎グリューネグリーン 5番人気1着

 

ジャパンカップ ◎ヴェラアズール 3番人気1着

 

京阪杯 ◎トウシンマカオ 1番人気1着

本命馬が3連勝してくれました。
気持ち良いですね^^

血統フェスティバルメルマガ・完全版

日曜
阪神1R 
単勝11.5倍・3連複212.3倍・3連単1178.6倍的中!!

土曜
東京10R 
単勝33.5倍・3連複148.4倍・3連単1395.8倍的中!!


(こちらはレジまぐ発行者が見られる成績画面をキャプチャしたものです。)

2021年のレジまぐ年間回収率159.4%
2019~2021年と3年連続プラス回収率を達成!!
今年も11月13日終了時点で119.3%となっています。

 

12月3日は午前中の勝負レース予想、午後の勝負レースの予想、ステイヤーズSとチャレンジCの予想あわせて14レースの予想を配信する予定です。
12月4日は午前中の勝負レース予想、午後の勝負レースの予想、チャンピオンズカップの全頭解説付き予想あわせて14レースの予想を配信する予定です。
30日間の購読となるので、月の途中から購読を開始しても損にはなりません。
いつでも安心して購読を開始できるようになりました^^

ワールド東京新聞杯
マスターズ東京新聞杯
最新情報をチェックしよう!