チャンピオンズカップ2020・チャレンジカップ(3連単など完全的中)回顧

チャンピオンズカップ2020の1~5着馬の血統はこちらの表のようになっております。

チャンピオンズC2020の予想はこちらでした。
(ワイド的中)

チュウワウィザードはクリソベリルを見る形、さらにその後ろにゴールドドリーム。
ペースはそこそこ流れたのですが、クリソベリルがまったく勝ちにいかなかったので前の馬が比較的楽になって後ろの馬たちにチャンスがなくなったことが予想的には誤算。
4コーナー出口辺りで少し促して本格的に追いだしたのは直線に入ってから。
ただ、すぐに反応の悪さに気づいて焦りが見える。
馬体増もありましたし、前半ヨシオをやり過ごすときに少し引っかかるところもあったので積極的な競馬をすれば危ないかもと考えていたのかもしれませんが、どちらにしても構える競馬がベストのタイプではない。
帝王賞では受けに回っても勝ちましたが、あれはああいう競馬になっても勝っただけで、ああいう競馬が出来たから勝てたというわけではないですからね。
直後の馬たちに追いつくチャンスを与えるくらいなら、早めに前に追いついてその勢いのママ押しきるような競馬の方が良かったかなと思います。

 

チュウワウィザードは昨年は内で動けず持ち味を出し切れませんでしたが、今年は上手く進路も確保して力を発揮。
やはり強い馬。
おめでとうございます。

 

 

ステイヤーズステークス2020の1~5着馬の血統はこちらの表のようになっております。

ステイヤーズSの予想はこちらでした。

雨でタフな馬場になりオルフェーヴル産駒(サンデーサイレンス系)の良さが出たレースだと思います。
ただ、道悪とは言え、14秒台のラップも入るくらいの超スローでしたから、位置取りのアドバンテージが大きかったと思います。

 

 

チャレンジカップ2020の1~5着馬の血統はこちらの表のようになっております。

チャレンジCの予想はこちらでした。
(単勝・ワイド・3連複・3連単的中)

こちらも超スローペース。
レイパパレがスピード持続力を活かして、直線入り口先頭から押しきり。
今後は多頭数でタフな展開になったときにどうなるか。

ブラヴァスはロードクエストに外から来られたことが誤算か。
その分だけ動きにくくなりましたし、1頭分外を回すロスが生じた。
コーナーが11秒台前半というかなりの速さでしたから、この1頭分は結構なロスだったと思います。

 

阪神メインレースのりんくうSは単勝・3連単的中
◎ジェネティクスが好スタートから押し切り勝ち。
こちらが想定したものに近い競馬をしてくれることほどありがたいことはないですね。

 

12月からの読者募集を開始した血統フェスティバルメルマガ・完全版
12月5日土曜日
中京11R ◎ケイアイサクソニー 7番人気1着 単勝13.9倍的中!

1着◎ケイアイサクソニー7番人気
2着○スギノヴォルケーノ3番人気
3着▲アンブロジオ11番人気
印はこの3頭のみ!
3連複なら352.3倍
3連単なら2060.9倍でした。

血統フェスティバルメルマガ・完全版の詳細は⇒https://regimag.jp/m/magazine/sell/?magazine=3327

最新情報をチェックしよう!