チャンピオンズカップ2020予想 ゴールドアリュール産駒の伏兵を狙う

チャンピオンズカップ2020の予想です。

チャンピオンズC2020の出走馬と過去5年の血統データ、単勝人気とオッズを予想に役立つ見やすい色分け出馬表にまとめています。

前日オッズは
1番人気クリソベリル 1.5倍
2番人気カフェファラオ 6.3倍
3番人気ゴールドドリーム 10.6倍
4番人気クリンチャー 15.3倍
5番人気チュウワウィザード 16.5倍

発走は12月6日(日)15時30分の予定です。

PR.G1レースで130万円超えの『アルケミスト』が秋競馬も勝っています

無料登録はこちらからhttps://alchem-ist.com/

チャンピオンズC2020の予想参考血統データ

★チャンピオンズC2020出走馬と過去5年の傾向

チャンピオンズカップ2020予想

ヴァイスリージェント系の血統が活躍。
この血統を持つ馬が2015年、2016年、2017年と勝利。
2018年と2019年は勝てませんでしたが、それでも2着に好走しています。
母系までチェックしたいですね。
※今年の出走馬で3代以内にヴァイスリージェント系の血統を持つのはゴールドドリーム・サトノティターン

 

 

ゴールドアリュール(サンデーサイレンス系)ネオユニヴァース(サンデーサイレンス系)シンボリクリスエス(ロベルト系)といったパワー型ターントゥ系(大系統)が中心になっています。

 

 

★中京ダートコースの傾向

☆チャンピオンズCが行われる1800mではボールドルーラー系が2勝をあげる活躍。

 

 

☆短距離ではヘニーヒューズ産駒(ストームバード系)が好調です。

 

 

ロベルト系などのパワー型ターントゥ系(大系統)も全体的に好調ですね。

 

チャンピオンズC2020の予想

◎サンライズノヴァ
ゴールドアリュール産駒(サンデーサイレンス系)
最終追い切りは栗東坂路 54.6-39.6-25.4-12.5 併せ先着
追い切りでは持ったままクリソベリルに先着。
ゴールドアリュール産駒(サンデーサイレンス系)は2017年、2019年と活躍。
ダートの王道血統でG1でも格負けしない。
近年のチャンピオンズカップは前に行った馬の方が優勢になっていますが、少し前まではサウンドトゥルーやノンコノユメのような後ろからの馬でも好走出来ていた。
この2頭には末脚の鋭さ以外にもサンデーサイレンスとパワースピード型血統をあわせ持っているという共通点があったが、前走上がり最速で1着、父ゴールドアリュール(サンデーサイレンス系)×母父サンダーガルチ(ミスプロ系)という配合のサンライズノヴァも同じようなタイプとして期待出来る。
距離は血統的には大丈夫でも実績的には不安があるので、道中の運びは出来るだけロスなくスムーズにと注文は付く。
それでも過去の好走馬との共通点、現在の充実度の高さから楽しみの方が大きいことは間違いない。

 

 

○ゴールドドリーム
ゴールドアリュール産駒(サンデーサイレンス系)
最終追い切りは栗東坂路 51.7-37.7-24.5-12.1 単走
母父がチャンピオンズカップで毎年のように好走しているヴァイスリージェント系
2017年1着、2019年2着。
スローの決め手勝負になるか、ロスの少ない競馬が出来れば好走出来るタイプで、内枠に入った今年もチャンスありと見て良いと思います。

 

 

▲カフェファラオ
American Pharoah産駒(ミスプロ系)
最終追い切りは美浦南W 68.8-53.1-39.0-12.5 併せ同入
エンパイアメーカー(ミスプロ系)の系統ということもあり、揉まれる競馬になると脆い。
逆に前に行ったり、外から差してくるような揉まれず他馬と関係の少ない競馬が出来ると強い。
前走のシリウスSは外からの競馬できっちり巻き返してきたし、その時と同じルメール騎手が乗ることは心強い。
人気ほど信頼できるタイプではないものの、外目の馬たちの消耗が多くなった場合に前走のような競馬が出来ていればまとめて差し切る可能性も出てくる。

 

 

△チュウワウィザード
キングカメハメハ産駒(ミスプロ系)
最終追い切りは栗東坂路 52.4-38.0-24.8-12.4 併せ同入
昨年は
内で動けず仕掛けが遅れ4着。
決め手タイプではないのでスムーズならもっと良い着順になっていた可能性はある。
能力は維持できているので、今年スムーズならそのまま昨年以上の走りが期待出来る。

 

 

△クリソベリル
ゴールドアリュール産駒(サンデーサイレンス系)
最終追い切りは栗東坂路 54.0-39.4-25.2-12.5 併せ遅れ
昨年の勝ち馬。
単純に強い馬なのであまり逆らわない方が良いのかもしれませんが、外枠・レース間隔がこれまでの中でも最も詰まっていることは気になる。
序盤の入りが上手く行けば消耗も少なくなり勝利の確率もかなり高くなると思いますが、もし序盤で思ったようにならず落ち着かないようだと、さすがに小野までも最後苦しくなるかなと思います。

 

 

△アルクトス
アドマイヤオーラ産駒(サンデーサイレンス系)
最終追い切りは美浦坂路 51.1-37.0-24.5-12.4 併せ先着
左回りコースが得意で、中京でも1400mではありますが重賞勝ちがある。
流れに上手く乗ることが出来ればここでも侮れないだけの力はある。

 

 

△クリンチャー
ディープスカイ産駒(サンデーサイレンス系)
最終追い切りは栗東坂路 52.2-38.6-25.1-12.7 単走
このメンバーで自分から勝負に行くと能力的に少し厳しいかもしれない。
逆にタフな展開を待つ決め打ちが出来れば母父ブライアンズタイム(ロベルト系)の底力を引き出せるかもしれない。

 

 

△タイムフライヤー
この馬も母父ブライアンズタイム(ロベルト系)
一瞬の脚はあるものの、それを使うタイミングと引き出し方に難しさがあるタイプ。
そのため人気を集めて勝ちにいく競馬をしなければ行けない時よりも、気楽な立場になる今回の方が最後まで良い脚を残せるのではないか。

 

【予想印】

◎サンライズノヴァ
○ゴールドドリーム
▲カフェファラオ
△チュウワウィザード
△クリソベリル
△アルクトス
△クリンチャー
△タイムフライヤー
買い目:◎○▲の単勝、◎と○からワイド
◎から3連単マルチ、○から3連複

あわせて読みたいチャンピオンズカップ2020関連の記事はこちら

⇒チャンピオンズC2020の1週前追い切り情報
⇒チャンピオンズCプレ予想クリソベリル編
⇒チャンピオンズCプレ予想チュウワウィザード編
⇒チャンピオンズC2020最終追い切り情報

 

 

PR.G1レースで130万円超えの注目サイトが
秋競馬も勝っています

アルケミストは2月のフェブラリーステークスで130万円超えの大的中!

 

これで注目されるようになったのですが、
プレッシャーもなんのその。

先日もこの通り。

アルケミストが勝っている理由
それは競馬を知り尽くしたプロによる徹底した馬券戦略が練られているから

まず第一に「勝てるレース」と「勝てないレース」を事前に調査、選定を行い、
常に高確度を見込めるレースのみを厳選。
これにより的中率を高めています。

次に情報の最適化。
アルケミストでは想定される配当や目標となる配当に応じて取得する情報を最適化。
勝利への最短距離を進むことが出来ます。

 

こういった馬券戦略によって大きな的中が生み出されるのです。

『アルケミスト』には要注目!

今なら毎週4レースの無料情報がもらえます!
↓無料登録はこちらから↓

チャンピオンズカップ2020予想
最新情報をチェックしよう!