【東京新聞杯2020プレ予想】レッドヴェイロン東京マイル大得意の血統

2月9日(日)に行われる東京新聞杯2020のプレ予想です。

東京新聞杯2020の主な出走予定馬の血統、タイプ、好走するための条件、今回のレースでの評価などをまとめています。

 

 

本物プロのガチンコ予想を参考にしたいなら「J.H.A」

好成績を出し続けている馬券師だけが在籍を許されているJ.H.A。

つまり馬券師にとっては毎週、毎レースが試験の真剣勝負。

降格制度があるから馬券師は毎回本気、実力とプライドがあるから買い目は少点数。
そして会員はその予想を真似することが出来る!
これって最高じゃないですか!?

今週は東京新聞杯の予想を無料配信!
⇒JHAへの無料登録はこちらから
※必要なのはメールアドレスのみ。1度登録すれば重賞レースの買い目を毎週無料で公開してくれます!

 

東京新聞杯2020主な出走予定馬の短評

東京新聞杯2020出走予定馬

ヴァンドギャルド

ディープインパクト産駒
母父がサドラーズウェルズ系で軽い瞬発力勝負になると少し分が悪いが、
今の充実度ならそれでも対応はしてきそう。
好位から持続力を発揮出来る流れになればチャンス。

 

 

サトノアーサー

ディープインパクト産駒
この馬もキレ味勝負だとそこまで強気になれない。
持続力もトップクラスというわけではなく、
馬場の助けがあって、仕掛けのタイミングが噛み合えば。

 

 

クリノガウディー

スクリーンヒーロー産駒
東京だとキレ負けの不安はあるのだが、
富士Sでの走りを見ればそこまで心配することもないか。
それでも以前のようにある程度前目でしぶとさを活かす競馬の方が
チャンスはあるかなと感じる。

 

 

プリモシーン

ディープインパクト産駒
持続力レースの中で速い脚を使うタイプなので
極端な瞬発力レースになると得意コースでも危ない。
何よりも精神面の不安があるので、
馬券の扱いは難しい。

 

 

レイエンダ

キングカメハメハ産駒
道悪ならキレ不足も解消されるのだが
良馬場だとやはり不安は出てくる。
かといって前に行くと末脚も鈍るのでレース運びは少し難しい。

 

 

レッドヴェイロン

キングカメハメハ産駒
兄、姉は東京芝1600mで大活躍。
この馬も2勝をあげている東京マイルの鬼血統。
この血統の良さである持続力を考えると、
若干位置取りが後ろ過ぎることがあるが、
その辺をクリア出来れば勝ち負け。

あわせて読みたい東京新聞杯2020関連の記事はこちら

⇒東京新聞杯2020過去5年の血統傾向
⇒東京新聞杯2020東京芝コースの血統傾向
⇒東京新聞杯2020最終追い切り情報
 

 

プロは自信とプライドがあるから買い目も少ない!
今週は『東京新聞杯』の無料情報がもらえます!

 

実力派の馬券師が揃っているのはJ.H.Aというサイト

 

今週は『東京新聞杯』の予想を無料配信!
J.H.Aの実力を無料で試すことができます!

⇒JHAへの無料登録はこちらから

 

J.H.Aに所属するのは

今現在の実力を重視して選ばれた馬券師たち。

 

およそ二か月に及ぶ試験をクリアし、
その後も好成績を出し続けている者だけが
J.H.Aの馬券師でいられるのです。

 

つまり馬券師にとっては毎週、毎レースが試験の真剣勝負となっています。

先週はシルクロードステークスをきっちり的中!

 

先々週は重賞はもちろんですが、こんな大的中も飛び出しています!

これもJ.H.Aにとっては当然の結果かもしれませんね。

降格制度があるから馬券師は毎回本気、
実力とプライドがあるから買い目は少点数。
そして会員はその予想を参考にすることが出来る!

2020年はプロの本気の予想を参考にしてみませんか!?

J.H.Aに興味を持たれた方はこちらから無料登録してみてください。

JHAへの無料登録はこちらから⇒http://j-h-a.net

登録に必要なのはメールアドレスだけ。
1度登録すれば重賞レースの買い目を毎週無料で公開してくれます。

東京新聞杯2020出走予定馬
最新情報をチェックしよう!