東京新聞杯2020・きさらぎ賞の回顧

東京新聞杯2020の1~5着馬の血統はこちらの表のようになっております。

東京新聞杯の予想はこちらでした。

母父ダンチヒ系という馬のワンツー。
2番手以下はそれほど速くはなかったとはいえ、ある程度流れて非瞬発力レースになったことで、この血統のスピード持続力が活きたのだと思いまあす。

プリモシーンは「持続力レースの中で速い脚を使うタイプ」で、まさにこの馬向きのレースになりました。
精神面の不安もありましたし、仕上げも少し緩めだったかなと思いますが、追い切りでは後ろで我慢させるなど工夫が感じられましたし、レースでは前とのスペースを確保しながら進め、直線では内から外への持ち出しもスムーズ。

ヴァンドギャルドは出遅れはもちろん痛かったですが、プリモシーンと比べると直線での進路選びが良くなかったかなと感じます。
最終的に外に出すのではなく、早い段階で外を主張していれば勝負に加わることも出来たかもしれません。

 

 

PR.【すごい競馬】という凄い名前のサイト、ご存じですか!?

もしまだ知らないのであれば、
これから有名になってしまう前に
いち早く利用した方が良いかもしれません。
⇒【すごい競馬】への無料会員登録はこちらから

 

 

きさらぎ賞2020の1~5着馬の血統はこちらの表のようになっております。

きさらぎ賞の予想はこちらでした。
(ワイド的中)

コルテジアは位置取りや仕掛けのタイミング、通ったところも完璧でしたね。

他の馬たちは少し自滅した感があり。
アルジャンナはペースに対して位置取り、動き出しのタイミングともに消極的でしたし、ストーンリッジも2着に来たとはいえ前半少し行きたがった分のロスと、直線もう少し外を選べていればという感じがありました。

 

 

PR.【すごい競馬】という凄い名前のサイト、ご存じですか!?

もしまだ知らないのであれば、
これから有名になってしまう前に
いち早く利用した方が良いかもしれません。
⇒【すごい競馬】への無料会員登録はこちらから

 

それだけこのサイトは今すごいです

 

【すごい競馬】の何が凄いのか?

 

それは「馬券がすごい」のです。

はっきりいって一番大事なところですよね(笑)
逆にこれ以上に大事なことってないですね。

 

最近の的中実績はこちら

日曜日だけでこの高額払い戻し連発はやっぱりすごい!

 

【すごい競馬】はユーザーに無理させないように
基本的に1レース3,000円以内での勝負。

 

最小限の馬券で、最大限の利益を追求しています。

 

だからこそ

「参考にしやすい」
「資金が少なくても楽しめる」

と多くの方に好評なのですが、良い考え方だなと思いませんか?

 

今無料登録をすれば『共同通信杯』『京都記念』の情報を含めた
週末のすごい情報を無料提供!

 

無料登録に必要なのはメールアドレスのみ。
⇒【すごい競馬】への無料会員登録はこちらから

最新情報をチェックしよう!