天皇賞春2020(3連複万馬券など的中)回顧

天皇賞春2020の1~5着馬の血統はこちらの表のようになっております。

天皇賞春の予想はこちらでした。
(単勝・ワイド・3連複万馬券的中)

前半こそスローだったもののキセキが動いてペースアップ、そこからは緩むところもなく、上がりも極端に速くならず。
もちろん近年の天皇賞らしくスピードは必要でしたが、スタミナの重要性も高めのレースになったと思います。
中盤にガクっと緩み直線では11.0というラップも出た昨年とは違ったレースでしたね。

それでも勝ったのは今年もフィエールマン。
この馬自身のパフォーマンスは落ちてはいないと思うのですが、若干スタミナ色強めになったことと、スティッフェリオの完璧なレース運びで今年も接戦に。
これはスティッフェリオを褒めるべきだと思います。

トーセンカンビーナの出遅れと位置取りは想定内でしたが、キセキが普通にスタートを出て早い段階で先頭という展開になったことで前をかき回す馬が出てこなかったことが痛かった。

 

 

PR.今日から始める馬券生活!うまキング

 

 

青葉賞2020の1~5着馬の血統はこちらの表のようになっております。

青葉賞の予想はこちらでした。
(ワイド・3連複的中)

後半5ハロンが11秒台、全体時計も速いスピードレース。
そのため3コーナー~4コーナーで外を回った馬はきつくなり、今年は立ち回りも重要になりました。

1着オーソリティは道中内で直線外に持ち出す競馬。
3着フィリオアレグロは道中・直線とも内。

2着ヴァルコスは序盤は中団後ろでしたがペースが上がる前に一気に位置を上げました。
そのまましぶとく2着に粘りましたが、外を回ったことを考えると評価出来ますね。

 

 

PR.今日から始める馬券生活!うまキング

最新情報をチェックしよう!