天皇賞秋2020予想 キンカメの系統アーモンドアイ向きのレース

天皇賞秋2020の予想です。

天皇賞秋2020の出走馬と過去5年の血統データ、単勝人気とオッズを予想に役立つ見やすい色分け出馬表にまとめています。

前日オッズは
1番人気アーモンドアイ 1.5倍
2番人気クロノジェネシス 5.0倍
3番人気ダノンキングリー 11.1倍
4番人気フィエールマン 13.7倍
5番人気キセキ 15.2倍

発走は11月1日(日)15時40分の予定です。

天皇賞秋2020の予想参考血統データ

★天皇賞秋2020出走馬と過去5年の傾向

天皇賞・秋2020予想

☆過去5年ではキングカメハメハ(ミスプロ系)の系統が3勝と活躍しています。
※今年の出走馬で父または母父がキングカメハメハ(ミスプロ系)の系統なのはアーモンドアイ・キセキ・ジナンボー・ダイワキャグニー・ブラストワンピース

 

 

ディープインパクト産駒(サンデーサイレンス系)は良馬場で行われた2013年~2016年、2018年・2019年に連対しています。
良馬場ではやはり要注目の血統です。
ただ、過去5年で勝利がないことは気になる点。
※今年の出走馬ではカデナ・ジナンボー・ダノンキングリー・ダノンプレミアム・フィエールマンがディープインパクト産駒(サンデーサイレンス系)です。

 

 

ヴァイスリージェント系ノーザンテーストダンチヒ系など、スピードのあるノーザンダンサー系(大系統)を持つ馬がよく走っています。

 

 

☆東京重賞実績はやはりあった方が心強いですね。

 

★東京芝2000mの傾向

天皇賞・秋2020予想参考東京芝2000m

キングカメハメハ(ミスプロ系)の系統が4勝でトップ。
土曜日のレースではロードカナロア産駒(ミスプロ系)が1着3着でした。
※天皇賞の出走馬で父または母父がキングカメハメハ(ミスプロ系)の系統なのはアーモンドアイ・キセキ・ジナンボー・ダイワキャグニー・ブラストワンピース

 

 

ディープインパクト(サンデーサイレンス系)キズナ(サンデーサイレンス系)父子の産駒もまずまず。

 

 

☆上級クラスのレースだと、10月18日ヤヤ重のオクトーバーSはサドラーズウェルズフェアリーキング(ノーザンダンサー系)兄弟の血統を持つ馬が1~3着。
10月25日良馬場の甲斐路Sは父ディープインパクト(サンデーサイレンス系)×母父ミスプロ系配合馬が1着2着。
道悪ならスタミナ型ノーザンダンサー系(大系統)、良馬場ならディープインパクト(サンデーサイレンス系)というのはわかりやすい結果と言えるかもしれません。

 

天皇賞秋2020の予想

◎アーモンドアイ
ロードカナロア産駒(ミスプロ系)
最終追い切りは美浦南W 64.6-50.1-36.8-12.5 併せ先着
昨年の勝ち馬。
キングカメハメハ(ミスプロ系)の系統は過去5年で3勝と、近年の天皇賞(秋)の中心血統になっています。
安田記念はヤヤ重の割りに速いペースのマイル戦ということで、脚を上手く溜められず持ち味が活かせなかった感。
今回は良馬場の2000m、少頭数でレースはしやすくなるはず。
ちょっとだけ外目の枠ですが、もしロスがあったとしても大きく崩れることは考えにくい。
PR.先週帯封獲得「鬼勝ち予想」
こちらから無料登録できます!⇒http://onigachi.net/

 

 

○クロノジェネシス
父バゴ(ブラッシンググルーム系)×母父クロフネ(ヴァイスリージェント系)
最終追い切りは栗東CW 84.6-67.3-52.4-38.6-12.4 併せ遅れ
母父のクロフネ(ヴァイスリージェント系)は高速決着に強く、この系統は近年の天皇賞で大活躍。
父の影響から他馬よりも道悪適性が高いことは間違いないですが、母系のスピードは良馬場にも対応出来るだけのものですし、今のこの馬の充実度なら馬場は不問。

 

 

▲スカーレットカラー
ヴィクトワールピサ産駒(サンデーサイレンス系)
最終追い切りは栗東CW 83.7-66.6-51.4-37.2-11.6 併せ先着
道中しっかり脚を溜めて直線爆発させるシンプルな競馬の馬。
高速馬場1600mのヴィクトリアマイルは脚が溜まりませんでしたが、2000mで少頭数のここなら脚を溜めてそれをしっかり出し切ることが出来るはず。

 

 

△ダノンキングリー
父ディープインパクト(サンデーサイレンス系)×母父Storm Cat(ストームバード系)
最終追い切りは美浦南W 67.0-52.5-38.8-12.9 併せ同入
スピードの持続力に優れたタイプで東京の中距離は合っています。
G1だとあと少し足りない面もあるものの、得意の休み明けとなる今回ならそこを補えるか。

 

 

△ダイワキャグニー
キングカメハメハ産駒(ミスプロ系)
最終追い切りは美浦坂路 54.3-39.1-25.1-12.5 併せ先着
近年の天皇賞で中心になっている血統。
先週までのAコースから今週はBコースに替わることで内が有利になることも考えられ、脚質・血統・人気から馬券的な魅力を感じます。

 

 

△フィエールマン
父ディープインパクト(サンデーサイレンス系)×母父Green Tune(ニジンスキー系)
母系の影響からスピードや軽いキレ味はあまりない。
それでもディープインパクト産駒(サンデーサイレンス系)ではあるのである程度の瞬発力レースになら対応出来るし、スピードに乗れば最後までグイグイ伸びてくることは出来るので少頭数でそれを引き出しやすい可能性がある今回は2000mでも侮れない。

 

【予想印】

◎アーモンドアイ
○クロノジェネシス
▲スカーレットカラー
△ダノンキングリー
△ダイワキャグニー
△フィエールマン
買い目:◎○▲の単勝、◎と○からワイド
◎から3連単マルチ、○から3連複

あわせて読みたい天皇賞秋2020関連の記事はこちら

⇒天皇賞秋2020の1週前追い切り情報
⇒天皇賞秋2020プレ予想アーモンドアイ編
⇒天皇賞秋2020プレ予想クロノジェネシス編
⇒天皇賞秋2020最終追い切り情報

 

 

◎鬼勝ち馬券検証
鬼勝ちのプラン情報はどれくらい鬼勝ちしているのか!?
⇒http://onigachi.net/

的中結果ズラッと見ると複数プランで3連単的中。

中でもやや荒れたレ―スを少ない点数で的中していたので、少し中身を調べてみました。
───────────
▽的中情報▽
10/25東京12R
3連単12点×500円投資(6000円)
結果:7,10,14(5,10,1人気)
獲得:1,035,000円

◎荒れレースを見事に攻略!
よく見たら3着1番人気のすぐ後ろに15人気が入って4着。
あやうく超超大荒れレースになるところでした。
僅か12点でレースを制していますが、どんな馬を買っていたのでしょう?

◎凄まじい鬼の選択眼
さてこのレース、10番人気マローネメタリコ鬼走で2着入線!鬼は2頭目に買ってました。
このマローネメタリコ、1人気と期待されること多々ありつつも長らく結果が出ていなかった隠れた実力馬。
今回のレースでは来ると確信していたのでしょうか。
恐るべき鬼の選択眼と情報量……桃太郎では勝てないかもしれません(笑)
───────────
◎無料情報で体験可能
毎週、無料で見れる買い目情報が公開されてます。
こちらでも鬼勝ちを狙える可能性あり!
無料なので様子見してもOKですし、試してみるのも手です。
⇒無料予想エントリーはコチラ
無料買い目はレース前日の夜から見ることができます!
⇒http://onigachi.net/

天皇賞・秋2020予想
最新情報をチェックしよう!