天皇賞秋2019(単勝・3連複・3連単など的中!)の回顧

天皇賞秋2019の1~5着馬の血統はこちらの表のようになっております。

天皇賞秋の予想はこちらでした。
(単勝・ワイド・3連複・3連単完全的中!)

アーモンドアイの勝ちタイムは1分56秒2
前半1000mが59.0ですから、スローとは言えないまでも前半は馬場を考えるとゆったりめのペース。
そこから速さの持続力を競うレースになったと思います。

 

アーモンドアイは中距離でスピード系のレースであれば瞬発力でも持続力でも対応可能。

 

ダノンプレミアムとアエロリットはスピードレースのなかで持続力寄りの流れ(極端な瞬発力が要求されなかった)になったことが良かったと思います。
アエロリットは距離はやはり少し長かったとは思うのですが、得意の高速馬場と流れで何とか持たせたという感じ。

 

逆にサートゥルナーリアはスピードレースが少しきつかったかもしれません。

 

 

アルテミスステークス2019の1~5着馬の血統はこちらの表のようになっております。

アルテミスSの予想はこちらでした。
(単勝的中)

スローからの瞬発力レースになり、父ディープインパクト(サンデーサイレンス系)母父ミスプロ系という軽めの配合の馬が1着2着。

サンクテュエールは新馬戦よりも内容が良くなっていましたし、今回はやはり位置取りも大きかったと思いまあす。

リアアメリアは後方から差し切り勝ち。
やはり能力は高いですし、+20kgの影響もあったでしょうから、完璧な仕上げならもう少し上の走りも出来るのだと思います。
やはり課題は行きたがる面だと思いますが、いつか前でスピードを活かすような競馬も見てみたいですね。

 

 

スワンステークス2019の1~5着馬の血統はこちらの表のようになっております。

スワンSの予想はこちらでした。

馬場を考慮すると少し速いくらいのペース。
外差しでの決着。

上位3頭は同じような流れであれば1600mでも問題ないと思います。

 

 

PR.京成杯オータムハンデキャップで1,805,600円払い戻し!
プロと同じ馬券を買いたくありませんか?

勝ちうま常勝理論では
指数、調教、外厩、情報、血統、ラップ、AIなど各分野のスペシャリテが揃っています。

 

そのすべてを総合的に分析し人気馬であってもマイナス材料のある馬は軽視、
人気薄であってもプラス材料の多い馬を重視することで
高配当かつ高確率的中を実現しています。

 

こちらは京成杯オータムハンデキャップで1,805,600円的中画像

3月の455,510円、4月の585,800円、そして日本ダービー、宝塚記念の高額払い戻し映像もインパクトがありましたが、それ以上のものが来ましたね!

毎月のようにこういう的中があると会員としては心強いですね。

勝ちうま常勝理論なら

知識、楽しさ、勝利、etc…

競馬で求める全てのものを手にすることが出来ますよ

 

今週『勝ちうま常勝理論』無料登録してみませんか!?

勝ちうま常勝理論への無料登録はこちら⇒https://katiuma-jyousyouriron.com

最新情報をチェックしよう!