七夕賞2022回顧

七夕賞2022の1~5着馬の血統はこちらの表のようになっております。
七夕賞2022結果

七夕賞の予想はこちらでした。

キングカメハメハ系(ミスプロ系)×母父ディープインパクト(サンデーサイレンス系)が1~3着。

エヒトは
「ルーラーシップ産駒だし母にはサドラーズウェルズ系も入っていることからスタミナ持続力はもちろんあるのだが、母母父がダンチヒ系ということでスピード持続力にも良いものがある。
また、ベストレース(阪神2000mのサンタクロースS)でも見せた機動力の高さも武器。
京都記念でも内を立ち回り3着争い(結果は7着)に加わる健闘を見せた。
この立ち回りを活かせるようならチャンスは十分にある。」
とメルマガの全頭解説にも書いたように馬自体は評価していたのですが、枠やその他の要素で消してしまうという判断ミス。
私の予想の軸は血統とレース内容分析ですが、こういう他の要素でも上げ下げがあり、これが成功することもあれば失敗になることもある。
今回のエヒトは立ち回りの上手さを高く評価していたので、大外枠ではそれを活かしにくいと考えました。
それが実際のレースでは外目追走ではあったもののちょうど良い位置取りで、正直ここまでの好騎乗をされると仕方なしというか降参ですね。

プロキオンステークス2022の1~5着馬の血統はこちらの表のようになっております。

プロキオンSの予想はこちらでした。

こちらはスピード重視の予想をしたものの、お互いが必要以上にやり合ってしまった。
逆に逃げ先行馬が多くても前残りというパターンは多いですし、こればかりは仕方がない。

 

今週の重賞は私の予想の軸である血統・レース分析とは違う部分での課題が見えたので、そこを強化できるなら当然するべき。

ただ、いろいろな要素を加味していくと予想が人気に収束していくので、本当はシンプルに血統だけで予想して的中するのが理想でありベスト。
例えば土曜日の阿武隈Sは◎ゴールドスミスが8番人気1着

これは先週のラジオNIKKEI賞◎ショウナンマグマ8番人気2着と同じくステイゴールドダンチヒ系配合というシンプルな予想。

毎回このくらいシンプルに本命を打つことが出来れば良いのですが、重賞レースは注目度も高いということで私自身が当てたいという気持ちが強くなって慎重になっているのかも。
そのために血統やレース内容以外のことを考えすぎるし、外れた時にもそこが気になるのかもしれませんね。

フォームを見直して、また来週末にはパワーアップした姿を見せたいと思います。

 

血統フェスティバルメルマガ・完全版
新規読者募集開始https://regimag.jp/m/magazine/sell/?magazine=3327

 


こちらは2022年6月終了時のレジまぐ成績です。

2021年のレジまぐ年間回収率159.4%
2019~2021年と3年連続プラス回収率を達成!!
2022年も6月終了時点で110.2%となっています。

30日間の購読となるので、月の途中から購読を開始しても損にはなりません。
いつでも安心して購読を開始できるようになりました^^

シンクタンク京都記念2023
暴露王京都記念2023
最新情報をチェックしよう!