セントライト記念2020回顧(中京メイン万馬券的中など)

セントライト記念2020の1~5着馬の血統はこちらの表のようになっております。

セントライト記念の予想はこちらでした。
(単勝的中)

前半はスロー。
その分だけペースアップするのも早くなり、ラスト2ハロンは12秒台の踏ん張り合いになりました。

勝ったバビットの粘りは偉かったですが、2着3着馬のもうひと伸びが物足りなかったのも確か。

◎ラインハイトは悔しい4着。
スタートとペースを考えればガロアクリークの位置を譲ったのは痛かったですが、前とのスペースも上手く確保していましたから、あの位置なりの競馬は出来ていたと思います。

 

 

ローズステークス2020の1~5着馬の血統はこちらの表のようになっております。
ローズステークス2020結果

ローズSの予想はこちらでした。

リアアメリアについては母系の血統を考えると前でスピードを活かす競馬の方が合っている、とずっと書いていたのですが、デビューから控える競馬を教育していましたしオークスでも一定の結果が出たことから、まさかここで前に行く競馬を解禁してくるとはという感じ。
人気で内枠となれば控える競馬で力を出せないことの方が嫌だったのかもしれませんね。

◎セウラサーリも本当はもっと前に行かなければダメですが、スタートで少し飛び上がるような感じを見せてしまい、押して行って引っかかるという悪循環になってしまいましたね。

 

JRAアニバーサリーステークスは単勝15.9倍と3連複万馬券的中。
予想はこちらでした。
ダイアナブライトは母父のダンチヒ系らしい巻き返しのリズムでしたね。

 

 

PR.G1レースで130万円超えの注目サイトが
秋競馬も勝っています

アルケミストは2月のフェブラリーステークスで130万円超えの大的中!

 

これで注目されるようになったのですが、
プレッシャーもなんのその。

夏競馬でもこの通り。

アルケミストが勝っている理由
それは競馬を知り尽くしたプロによる徹底した馬券戦略が練られているから

まず第一に「勝てるレース」と「勝てないレース」を事前に調査、選定を行い、
常に高確度を見込めるレースのみを厳選。
これにより的中率を高めています。

次に情報の最適化。
アルケミストでは想定される配当や目標となる配当に応じて取得する情報を最適化。
勝利への最短距離を進むことが出来ます。

 

こういった馬券戦略によって大きな的中が生み出されるのです。

『アルケミスト』には要注目!

今なら毎週4レースの無料情報がもらえます!
↓無料登録はこちらから↓

最新情報をチェックしよう!