秋華賞2020(3連複万馬券的中!)・府中牝馬S(サラキア単勝20.2倍的中)の回顧

秋華賞2020の1~5着馬の血統はこちらの表のようになっております。

秋華賞の予想はこちらでした。
(単勝・3連複万馬券的中)

デアリングタクトは中団外から。
残り1000m辺りから進出して押しきる小細工なしのレース。
4コーナーでは外の馬も勢いよく上がってきたこともあり、一瞬だけ危ういかなとも感じましたが直線では余裕がありましたね。

マジックキャッスルはデアリングタクトの後ろを上手く抜けてきました。

この日の京都芝2000mは下の表のようにロベルト系が大活躍。

エピファネイア産駒(ロベルト系)のデアリングタクトはもちろん、母父がロベルト系のマジックキャッスルも馬場が味方したと思います。
それだけにムジカは残念。スタートで失敗した後のリカバリーは何とか出来たと思いますし、直線を向いた時点では手応えもあったと思うのですが、ミスをカバー出来るほどの力はまだなかったか。
結果的にもっと仕掛けを待ってデアリングタクトに進路を作ってもらったマジックキャッスルのさらに後ろをついてくる手もあったかもしれません。

 

 

府中牝馬ステークス2020の1~5着馬の血統はこちらの表のようになっております。

読者様からも的中報告をいただきました。
的中おめでとうございます!

府中牝馬Sの予想はこちらでした。
(単勝的中)

道中後方にいた3頭で決まったことからも、差し追い込み馬有利の展開と馬場だったことは間違いないですが、サラキアは強かったですね。
小倉の全頭と同じく前半は溜めて外からのロングスパートという競馬だったのですが、これを東京でやれる騎手も応える馬も凄い。
覚醒した感がありますね。

◎シャドウディーヴァはだいぶ走りにくそうにしていましたが、人馬ともに最後までしっかり力を出してくれて2着。
これがこの馬の良いところですね。

 

 

PR.G1レースで130万円超えの注目サイトが
秋競馬も勝っています

アルケミストは2月のフェブラリーステークスで130万円超えの大的中!

 

これで注目されるようになったのですが、
プレッシャーもなんのその。

先日もこの通り。

アルケミストが勝っている理由
それは競馬を知り尽くしたプロによる徹底した馬券戦略が練られているから

まず第一に「勝てるレース」と「勝てないレース」を事前に調査、選定を行い、
常に高確度を見込めるレースのみを厳選。
これにより的中率を高めています。

次に情報の最適化。
アルケミストでは想定される配当や目標となる配当に応じて取得する情報を最適化。
勝利への最短距離を進むことが出来ます。

 

こういった馬券戦略によって大きな的中が生み出されるのです。

『アルケミスト』には要注目!

今なら毎週4レースの無料情報がもらえます!
↓無料登録はこちらから↓

最新情報をチェックしよう!