【エリザベス女王杯2019血統傾向】3年連続好走している血統を紹介

11月10日(日)に行われるエリザベス女王杯2019京都芝2200mの出走予定馬(登録馬)と過去5年の血統データを予想に役立つ見やすい色分け表にまとめました。

エリザベス女王杯の血統データを分析することで、今年の注目馬を探します。

エリザベス女王杯2019の予想オッズ

ラヴズオンリーユー 3.1倍
クロノジェネシス 3.5倍
ラッキーライラック 6.2倍
スカーレットカラー 6.5倍

無敗のオークス馬ラヴズオンリーユーと
秋華賞馬クロノジェネシスの3歳馬が人気の中心になりそうです。

 

PR.プロと同じ馬券を買いたいのなら勝ちうま常勝理論

実馬券の的中画像も公開中⇒https://katiuma-jyousyouriron.com

エリザベス女王杯の血統傾向

エリザベス女王杯2019出走予定馬

ダンチヒ系の血統を持つ馬が2016・2017年は連勝、昨年は3着と安定して走っています。
2年連続で好走しているハービンジャー産駒(ダンチヒ系)はエリザベス女王杯の中心血統になるかもしれません。
※今年の登録馬で父または母父がダンチヒ系なのはシャドウディーヴァ・レイホーロマンス

 

☆2015年の勝ち馬マリアライトと、2018年の勝ち馬リスグラシューは翌年の宝塚記念も勝ちました。
同じ2200mのG1ということもあり、要求される能力が似ているのだと考えられます。
この中で宝塚記念で好走するならどの馬か、という方向から考えてみるのも面白いかもしれません。

 

サンデーサイレンス系ではディープインパクト産駒(サンデーサイレンス系)ハーツクライ産駒(サンデーサイレンス系)ステイゴールド産駒(サンデーサイレンス系)がよく走っています。

 

キングマンボ系(ミスプロ系)も良く、毎年のように好走馬が出ています。

 

☆基本的にはスタミナ的な持続力が要求されやすいレースです。
近年はスローペースから上がりは速め、というレースになっていますが、それでもスタミナ的な要素は求められていると感じます。

 

【エリザベス女王杯】の血統プライマル

(過去3年の1~3着馬9頭が対象)
☆タイプ:スタミナ型(万能型)9/9、パワー型7/9
☆スピード系統:9/9
☆父の系統サンデーサイレンス系7/9
☆注目血統ダンチヒ系
ディープインパクト産駒(サンデーサイレンス系)ハーツクライ産駒(サンデーサイレンス系)ステイゴールド産駒(サンデーサイレンス系)
キングマンボ系(ミスプロ系)

あわせて読みたいエリザベス女王杯2019関連の記事はこちら

⇒エリザベス女王杯2019の1週前追い切り情報
⇒エリザベス女王杯2019プレ予想クロノジェネシス編
⇒エリザベス女王杯2019最終追い切り情報
⇒エリザベス女王杯2019プレ予想ラヴズオンリーユー編
 

PR.これだから競馬はやめられない!

プロと同じ馬券を買いたくありませんか?

勝ちうま常勝理論では
指数、調教、外厩、情報、血統、ラップ、AIなど各分野のスペシャリテが揃っています。

 

そのすべてを総合的に分析し人気馬であってもマイナス材料のある馬は軽視、
人気薄であってもプラス材料の多い馬を重視することで
高配当かつ高確率的中を実現しています。

 

先に80万円超えの的中を2つ紹介しましたが
こちらは京成杯オータムハンデキャップで1,805,600円的中した画像

日本ダービー、宝塚記念の高額払い戻し映像もインパクトがありましたが、それ以上のものが来ましたね!

 

毎月のようにこういう的中があると会員としては心強いですね。

勝ちうま常勝理論なら

知識、楽しさ、勝利、etc…

競馬で求める全てのものを手にすることが出来ますよ

 

今週『勝ちうま常勝理論』無料登録してみませんか!?

勝ちうま常勝理論への無料登録はこちら⇒https://katiuma-jyousyouriron.com

エリザベス女王杯2019出走予定馬
最新情報をチェックしよう!