ニュージーランドトロフィー2022予想 今週もこのコースはロードカナロア産駒か

ニュージーランドトロフィー2022の予想です。

ニュージーランドT2022の出走馬と過去5年の血統データを予想に役立つ見やすい色分け出馬表にまとめています。

発走は4月9日(土)15時45分の予定です。

 

PR.中央競馬、地方競馬の二刀流『ユニコーン』
重賞レースに強いので『桜花賞』も注目!!


最注目サイト『ユニコーン』への無料会員登録はこちらから
⇒https://www.u-nicorn.com/

 

ニュージーランドT2022の予想参考血統データ

★ニュージーランドT2022出走馬と過去5年の傾向

ニュージーランドトロフィー2022予想

ロベルト系が2年連続人気薄で好走しています。
この血統のパワーが有効なのだと考えられます。

 

 

☆2016~2018年には母父リファール系という馬が3年連続で好走しました。
持続力が重要なレースということで、この血統の良さが出ているのかもしれません。

 

 

☆2017~2019年には父ノーザンダンサー系(大系統)が3年連続で好走していました。
このことからも瞬発力より持続力が重要なレースだということがわかります。

 

★先週の中山芝コースの傾向

☆1600mではロードカナロア産駒(ミスプロ系)などキングカメハメハ(ミスプロ系)の系統が活躍していました。

 

 

ハーツクライ(サンデーサイレンス系)アドマイヤベガ(サンデーサイレンス系)といったサンデーサイレンストニービン(グレイソヴリン系)の血統をあわせ持つ種牡馬も好調でした。

 

ニュージーランドT2022の予想

◎エンペザー
父ロードカナロア(ミスプロ系)×母父シンボリクリスエス(ロベルト系)
先週同じコースで行われたダービー卿CTを勝ったタイムトゥヘヴンと同じロードカナロア産駒(ミスプロ系)
母父のロベルト系は近年のニュージーランドTで活躍している血統と、血統からの後押しが最も期待出来る馬。

 

 

○マテンロウオリオン
ダイワメジャー産駒(サンデーサイレンス系)
同産駒は過去5年で2頭が好走。
先行はもちろん、差す競馬でもまとめてくることが出来るのは強み。
母系からパワーとスタミナが補完されていることも心強い。

 

 

▲アバンチュリエ
モーリス産駒(ロベルト系)
ニュージーランドTでは2年連続で人気薄のロベルト系が好走。
共同通信杯→中山1600m替わりでしっかり結果を出してきたことも好感。

 

 

△サーマルウインドウ
ドレフォン産駒(ストームバード系)
ストームバード系はワイドファラオ・デルタバローズが人気以上に好走。
キレ味ではなく持続力が重要になりやすいコースだし、流れや馬場次第ではスピード色も強くなる。
そうなった時に他馬よりも力を出しやすい血統。

 

 

△リューベック
ハービンジャー産駒(ダンチヒ系)
スピードが勝ったタイプだし、クラシック路線と比べれば相手関係は楽になるので1600mも悪くはないか。

 

 

△ティーガーデン
父ドゥラメンテ(ミスプロ系)×母父シンボリクリスエス(ロベルト系)
今回と同じコースのひいらぎ賞を勝利。
前走1400mから距離戻って巻き返し可能。

 

【予想印】

◎エンペザー
○マテンロウオリオン
▲アバンチュリエ
△サーマルウインドウ
△リューベック
△ティーガーデン
買い目
本線:◎○▲の単勝
余裕があれば 3連単フォーメーション ◎○▲→◎○▲△→◎○▲△
または、3連複フォーメーション ◎○▲-◎○▲△-◎○▲△

 

 

PR.中央競馬、地方競馬の二刀流『ユニコーン』
重賞レースに強いので【桜花賞】でも注目ですよ!!

 

馬体観察のプロ集団によるジャッジ
独自の情報源
最新鋭の予想式(AIによるものか?)

これらが『ユニコーン』の予想の軸のようです。
⇒https://www.u-nicorn.com/

 

ユニコーンは中央競馬はもちろん、地方競馬にも定評あり!

 

桜花賞は当然ですが、
地方交流重賞でも注目のサイトかもしれませんね!

注目サイト『ユニコーン』への無料会員登録はこちらから
⇒https://www.u-nicorn.com/

まずは今週の桜花賞から!!

ニュージーランドトロフィー2022予想
最新情報をチェックしよう!