中山金杯・京都金杯2022回顧

中山金杯2022の1~5着馬の血統はこちらの表のようになっております。

中山金杯の予想はこちらでした。

レッドガランの完勝。
前半はスローも、その分だけ早い段階で後ろの馬が動いてペースが上がり、最後は差しも決まる展開になりました。

トーセンスーリヤは内で動けなかった分だけ持ち味を活かしきれなかった感もありますが、道中近いところにいたレッドガランがあの勝ちっぷりですから、今回はどうやっても勝つのは難しかったのかもしれません。

レッドガランは今回は様子見という感じで△までにしましたが、血統フェスティバルメルマガ・完全版の全頭解説で書いた「母系の血統を考えれば距離延長はプラスになる可能性もある」がまさにその通りだったのかもしれませんね。

 

 

京都金杯2022の1~5着馬の血統はこちらの表のようになっております。

京都金杯の予想はこちらでした。
(ワイド的中)

父または母父がキングマンボ系(ミスプロ系)という馬が1着から4着までを占めました。

ダイワキャグニー・カイザーミノルといった先行馬がスピードとパワーで押し切る、というのはこの血統のこのカテゴリでのイメージと合っていますし狙い通りだったのですが、ザダルはこの血統というよりもコース取りと能力の勝利か。

 

 

血統フェスティバルメルマガ・完全版
新規読者募集中!https://regimag.jp/m/magazine/sell/?magazine=3327
30日間の購読となるので、月の途中から購読を開始しても損にはなりません。
いつでも安心して購読を開始できるようになりました。

 

2021年のレジまぐ年間回収率159.4%でした。

2020年の年間回収率113.5%
2019年の年間回収率は115.7%
3年連続プラス回収率となりました!

 

最新情報をチェックしよう!