中山金杯・京都金杯2021回顧

中山金杯2021の1~5着馬の血統はこちらの表のようになっております。

中山金杯の予想はこちらでした。

道中は超スローペース。
その分だけラスト3ハロン目11.5、ラスト2ハロン目は11.3と後半にかなりの速さが要求されるレースとなりました。

勝ったヒシイグアスはハーツクライ産駒(サンデーサイレンス系)ですから、この中でキレ味勝負をすれば有利。
ただ、加速されたコーナーで外を回るというのはかなりきついことですから、それを考えればだいぶ力をつけてきたなと感じます。

 

テリトーリアルは位置取りは良かったですがスローペースで瞬間的なスピードを要求されたことに泣かされましたね。

 

 

京都金杯2021の1~5着馬の血統はこちらの表のようになっております。

京都金杯の予想はこちらでした。

こちらは中山金杯のようなハッキリとしたスローペースではありませんが、前半ややスローで中盤もそこまでペースは上がらず、直線でのキレ味も要求される流れ。
そのため、前の方にいた末脚もしっかりしているタイプが好走しました。

勝ったケイデンスコールは道中内からジワジワと位置を上げて直線入り口では3番手。
もともと末脚もある馬ですからそうなれば周りと比べても優位。
他馬に迷惑もかけましたが、それ以外は流れを考えると完璧に噛み合ったレース運びだったと思います。

血統フェスティバルメルマガ・完全版で配信した全頭解説でのケイデンスコール評は以下の通り

ケイデンスコール
ロードカナロア産駒
☆能力:C
☆タイプ:スタミナ差しタイプ
☆最近のベストレース:東京芝1400mのオーロC。行きっぷりの良さを抑える感じで中団から、直線でもしぶとく伸びて結果6着も勝ち馬からは0.3差。
☆短評:前傾ペースになったNHKマイルCで最後突っ込んで2着だったことが印象的な馬で、母系のスタミナを活かせるレースが合っているはず。
ただ、その後は良い結果が出ていない。
展開待ちになる馬なので仕方がないが、それでも何度か好走のチャンスはあったことを考えると物足りない。
血統からくるスタミナや底力は中京向きだが、末脚勝負だと現状では変わり身に期待するのは酷か。
ただ、前走1400mでも少し行きたがっていたように気持ちは切れていない感じだし、このタイミングで1600mならこれまでよりも楽に前の方で競馬が出来るかもしれない。
中京が少し長い開催ということで馬場を固めてきて前が止まりにくい仕様になっている可能性もあるし、そこで前に行く競馬をやってくれば上手く噛み合う可能性はある

好走可能なタイミングということは読めていたので、もっと重い印を打てていればと悔やまれます。
申し訳ございません。

 

シュリはキレ味勝負はあまり合っていないので、阪神外回りコースの前走リゲルSから中京に替わることは好材料と評価しましたし、リゲルSよりもキレ味は要求されない流れになりましたが、ピースワンパラディと同じくらいの位置取りで末脚比べになってしまいましたね。
スタートは仕方ないですが、すぐに上がって行くことが出来ましたし、前半のペースを考えても抑えずに4番手に収まっていれば結果は違ったかもしれません。

 

 

血統フェスティバルメルマガ・完全版では
中山9R サトノディード9番人気1着 単勝20.0倍的中!

冬の中山ダートでパワー型ターントゥ系狙いが上手くいきました。
季節毎の大まかな血統傾向から穴馬を仕留めることが出来ることも、血統馬券の醍醐味の1つだと思います。

血統フェスティバルメルマガ・完全版1月の読者募集中です。
 ↓ ↓ ↓ ↓

最新情報をチェックしよう!