武蔵野ステークス2021出走予定馬と血統傾向

11月13日(土)に行われる武蔵野ステークス2021東京D1600mの出走予定馬(登録馬)と過去5年の血統データを予想に役立つ見やすい色分け表にまとめました。

武蔵野S2021の血統データを分析することで、今年の注目馬を探します。

武蔵野S2021の血統傾向

☆良馬場だと末脚、道悪だとスピードの重要性が増すレースです。

 

 

ロベルト系ゴールドアリュール産駒(サンデーサイレンス系)などのパワー型ターントゥ系(大系統)が活躍。
良馬場では特に注目したい血統です。

 

 

☆2018年までは父か母父がミスプロ系という馬が9連勝していました。
昨年も母父ミスプロ系のサンライズノヴァは勝っています。

 

【武蔵野S】の血統プライマル

(過去3年の1~3着馬9頭が対象)
☆タイプ:パワー型9/9
☆スピード系統:8/9
☆父の系統サンデーサイレンス系4/9
☆注目血統ロベルト系
ゴールドアリュール産駒(サンデーサイレンス系)
ミスプロ系

 

 

稼ぐことに特化した新サイト「イデアル」

理想は高く、実際に結果も出す!!

 

イデアルへの新規無料登録はこちらから
↓ ↓ ↓ ↓

最新情報をチェックしよう!