【マイルチャンピオンシップ2019予想】本番に強いインディチャンプ

マイルチャンピオンシップ2019の予想です。

マイルCS2019の出走馬と過去5年の血統データ、単勝人気とオッズを予想に役立つ見やすい色分け出馬表にまとめています。

前日オッズでは
1番人気ダノンプレミアム
2番人気ダノンキングリー
3番人気インディチャンプ
ここからは少し離れてダイアトニック、アルアインと続いています。

発走は11月17日(日)15時40分の予定です。

マイルCS2019の予想参考血統データ

★マイルCS過去5年の傾向

マイルチャンピオンシップ2019予想

ディープインパクト産駒(サンデーサイレンス系)は7年連続で馬券圏内に来ています。
昨年はアルアインが3着でしたが、4着にも16番人気のカツジが来ており人気薄でも侮れません。
※今年の出走馬ではアルアイン・ダノンキングリー・ダノンプレミアム・プリモシーン・レッドオルガがディープインパクト産駒(サンデーサイレンス系)です。

 

☆ここ2年は3歳馬が勝っています。
クラシック路線を走ってきた実力3歳馬のマイル転向には要注目です。

 

ノーザンダンサー系(大系統)も高めです。
スピードタイプのノーザンダンサー系(大系統)も良いですが、比較的スタミナ寄りのタイプもよく走っておりどちらにも注意したいですね。

★京都芝1600m外回りコースの傾向

マイルチャンピオンシップ2019予想参考京都芝1600m

☆やはり中心はディープインパクト産駒(サンデーサイレンス系)ですね。

 

ヴィクトワールピサ産駒(サンデーサイレンス系)は同じ馬が2勝をあげています。

 

 

エリ女も当然的中!競馬学会のマイルCS予想を無料で手に入れるチャンスです!

競馬学会は先週のエリザベス女王杯3連単も的中!!

少点数での3連単的中すごくないですか!?

『競馬学会』への登録は無料!
http://www.pxel.jp/

 

マイルCS2019の予想

◎インディチャンプ
ステイゴールド産駒(サンデーサイレンス系)
追い切りは栗東坂路 52.9-38.6-24.6-12.2 併せ先着
元気いっぱいの追い切りで、力強さもありました。
前走の毎日王冠では手応え抜群で直線一度は先頭も最後は失速してしまった。
序盤で行きたがる面を見せたことも影響したか。
春のマイラーズカップでも行きたがる面を見せたが、次の安田記念では改善してパフォーマンスを上げてきた。
さらに今回は距離短縮でもあるし、前走以上の走りが期待しやすい。
先週のエリザベス女王杯ではステイゴールド(サンデーサイレンス系)の系統がワンツー。
今週から京都芝コースはCコース使用となり内が有利になる可能性が高く、内を抜けてくる瞬発力のあるこの馬にとっては勝負になる状況だと思います。

 

○ダノンキングリー
ディープインパクト産駒(サンデーサイレンス系)
追い切りは美浦南P 64.6-49.8-36.6-11.6 併せ同入
1600mのひいらぎ賞では持続力と底力を見せており、1600mがベストの可能性もあるタイプだと思います。
このカテゴリに入れば瞬発力も上位なので、脚を溜る競馬になっても内から抜けてくることが出来るはず。
前走の毎日王冠で出遅れたことが唯一の不安点。

 

▲プリモシーン
ディープインパクト産駒(サンデーサイレンス系)
追い切りは美浦南W 70.1-54.4-39.9-12.0 併せ先着
前走の府中牝馬Sは最下位。
大幅馬体増からもベストのコンディションではなかったとも考えられるし、少し行きたがる面を見せたことや道悪だったことも影響したか。
大敗したことによる精神面は心配だが、レースの条件としては今回は悪くないはず。
距離短縮はもちろん良いし、この馬は本質的には瞬発力タイプではなく持続力レースのなかで速い脚を使うタイプだと思うので京都コースの流れも合う可能性がある。
高速馬場が得意なことは確かも、1分34秒台で地力勝負になったフェアリーSを強い内容で勝っていることから高速馬場専門というわけでもない。
注文はつくが、噛み合えば勝負になるだけの能力と適性はある馬なので、人気が落ちて外国人騎手騎乗のここは狙って良い場面だと思います。

 

△ダノンプレミアム
ディープインパクト産駒(サンデーサイレンス系)
追い切りは栗東坂路 53.4-37.4-24.2-12.3 単走
もちろん能力は上位だし、マイラーズカップ勝利というコース実績もある。
ただ、マイラーズカップはスローで楽な展開だったし、本質的には中距離でスピードを活かすタイプだと思うし、マイルに入るとスピード面でのアドバンテージは少なくなる印象がある。
もちろん道中揉まれず楽に先行出来れば勝つ可能性は高いだろうが、そうならなかったときに踏ん張れるかは少し疑問。
外枠は揉まれにくいことから崩れにくいとも考えられるので、この馬にとっては悪くないと思います。

 

△アルアイン
ディープインパクト産駒(サンデーサイレンス系)
追い切りは栗東坂路 52.5-38.6-24.8-12.5 併せ先着
昨年のマイルチャンピオンシップでは3着。
先行力があるのでBコース→Cコース替わりの恩恵を受けられる可能性はあるし、このカテゴリに入れば瞬発力でも劣らない。
大外枠から終始外を回らされた前走の天皇賞からはかなりの条件アップが期待出来る。

 

△グァンチャーレ
スクリーンヒーロー産駒(ロベルト系)
追い切りは栗東坂路 51.2-37.0-23.8-12.0 単走
前走1400mのスワンSでは中団からと、いつもより後ろの位置取り。
決め手で勝負するタイプではなく、前目から上がりもまとめるのがこの馬の良さなので、あの位置取りはベストではないし、今回1400mから1600mに距離が延びることで位置取りも改善されれば自分の型で競馬が出来ることになるので、巻き返しの可能性は十分にある。

 

△レッドオルガ
ディープインパクト産駒(サンデーサイレンス系)
栗東坂路 53.9-39.7-25.7-12.5 単走
富士Sは上位2頭とはスムーズに加速出来たかどうかの差で悲観は不要。
兄たちはマイラーズカップは大丈夫でもマイルチャンピオンシップはダメだったが、流れに乗りながらしっかり反応出来るこの馬が京都不向きとは感じない。
藤原厩舎の休み明け2戦目、この馬自身も2戦目は好成績、人気薄ということから嫌うよりは買って吉と考えました。

 

△ペルシアンナイト
ハービンジャー産駒(ダンチヒ系)
栗東CW 86.6-69.0-53.8-39.7-12.8 併せ先着
一昨年1着、昨年2着。
前走の毎日王冠ではキレ負けしたものの、この馬自身の手応えは良かった。
得意条件なら巻き返しは可能。

 

【予想印】

◎インディチャンプ
○ダノンキングリー
▲プリモシーン
△ダノンプレミアム
△アルアイン
△グァンチャーレ
△レッドオルガ
△ペルシアンナイト
買い目:◎○▲の単勝、◎と○からワイド
◎から3連単マルチ、○から3連複

 

あわせて読みたいマイルチャンピオンシップ2019関連の記事はこちら

⇒マイルチャンピオンシップ2019の1週前追い切り情報
⇒マイルチャンピオンシップ2019過去5年の血統傾向
⇒マイルチャンピオンシップ2019京都芝コースの血統傾向
⇒マイルチャンピオンシップ2019最終追い切り情報
⇒マイルチャンピオンシップ2019プレ予想ダノンキングリー編
⇒マイルチャンピオンシップ2019プレ予想ダノンプレミアム編

 

『競馬学会』のマイルCS予想を無料で手に入れるチャンスです!

競馬学会は先週のエリザベス女王杯3連単も的中!!

先日の菊花賞では3連単たったの8点で的中!!

少点数での3連単的中すごくないですか!?

所属している馬券師(予想のプロ)が血眼になって
昼夜駆けずり回って得た情報ですから、やはり精度が高い!
競馬学会の予想は本当に頼りになりますね

 

今週は『マイルチャンピオンシップ』の情報がもらえちゃいますから
登録するのがお得だと思いますよ。

 

競馬学会への登録はこちら⇒http://www.pxel.jp/

※必要なのはメールアドレスだけです。

マイルチャンピオンシップ2019予想
最新情報をチェックしよう!