金鯱賞・中山牝馬S(3連複万馬券的中!)2021回顧

金鯱賞2021の1~5着馬の血統はこちらの表のようになっております。

金鯱賞の予想はこちらでした。
(ワイド的中)

最低人気のギベオンが逃げ切り勝ち。
この馬場ですから中途半端な競馬をするよりは逃げて良かったと思いますが、道中はずっとサトノフラッグにマークされる形で、決して楽というわけでもなかった。

デアリングタクトはあくまでも前哨戦ということを考えれば悪くない競馬。
最内枠でしたが早々と外から動けるようなポジションを獲ることが出来ましたし鞍上も問題なかったと思います。
ただ、コース・馬場・展開によってこういう取りこぼしも多くなるタイプなのは仕方ないか。

 

 

フィリーズレビュー2021の1~5着馬の血統はこちらの表のようになっております。

フィリーズレビューの予想はこちらでした。

シゲルピンクルビーはスクリーンヒーロー(ロベルト系)の系統の総合力の高さと、母系のしぶとさを上手く出すことの出来たレースでした。
ただ、外回りコースでさらにパフォーマンスを上げるタイプだとは考えにくく・・・
この世代は混戦ですね。

 

 

中山牝馬ステークス2021の1~5着馬の血統はこちらの表のようになっております。

中山牝馬Sの予想はこちらでした。
(ワイド・3連複万馬券的中)

ラスト1ハロンは14.4という消耗戦になり、血統的にもスタミナに不安の少ない馬たちが上位に来ました。

上がりがかかったとはいえ、これだけの馬場だと差し馬有利とはいいきれないのですが、ランブリングアレーは地力が違った感じですね。

 

 

PR.『アルケミスト』が見据えるのは「稼ぐ」その1点のみ!
最高で最上の競馬サイトがここにある!

 

アルケミストが勝っている理由
それは競馬を知り尽くしたプロによる徹底した馬券戦略が練られているから

まず第一に「勝てるレース」と「勝てないレース」を事前に調査、選定を行い、
常に高確度を見込めるレースのみを厳選。
これにより的中率を高めています。

次に情報の最適化。
アルケミストでは想定される配当や目標となる配当に応じて取得する情報を最適化。
勝利への最短距離を進むことが出来ます。

 

こういった馬券戦略によって大きな的中が生み出されるのです。

『アルケミスト』には要注目!

今なら毎週4レースの無料情報がもらえます!
↓無料登録はこちらから↓

最新情報をチェックしよう!