京阪杯2022予想 トウシンマカオ短距離路線の主役になれる素材

京阪杯2022の予想です。
京阪杯2022の出走馬と過去5年の血統データを予想に役立つ見やすい色分け出馬表にまとめています。

発走は11月27日(日)16時15分の予定です。

 

京阪杯2022の予想参考血統データ

PR.先週マイルチャンピオンシップで帯封獲得!!『ユニコーン』
今週は【京阪杯】が勝負レースとのこと!!


最注目サイト『ユニコーン』への無料会員登録はこちらから
⇒https://www.u-nicorn.com/

 

★京阪杯2022出走馬と過去5年の傾向

父ノーザンダンサー系(大系統)が大活躍しているレースで、これは阪神でも変わりなさそうです。

 

 

☆2020年12番人気3着に好走したジョーアラビカ、2021年9番人気4着で惜しかったアイラブテーラーはスタミナ型サンデーサイレンス系で前走1400mからの距離短縮。
今年もこういうタイプの馬には要注意です。

 

 

☆他ではノーザンテーストの血統を持つ馬の活躍も目立っています。
母系まで注意が必要です。

 

★阪神芝1200mの傾向

☆4回開催はプリンスリーギフト系やスピード型サンデーサイレンス系が中心でした。

 

 

☆5回開催になるとキングカメハメハ(ミスプロ系)の系統が活躍。

 

京阪杯2022の予想

◎トウシンマカオ
ビッグアーサー産駒(プリンスリーギフト系)
初スプリント戦となったキーンランドCは大きな距離ロスが響いて4着までだったが、前走オパールSでキッチリ決めたようにやはりスプリント適性と能力の高い馬。
ここは単純にその強さを評価して本命にしました。

 

 

○エイティーンガール
ヨハネスブルグ産駒(ストームバード系)
昨年の勝ち馬で本命馬でもあったのですが、昨年は京阪杯で父ノーザンダンサー系(大系統)が活躍しているということと、内・前が決まったスプリンターズSでは後方外で出番がなかったが違うレース質になればチャンスがあるのではないかということで評価した。
今年も血統的にはもちろん魅力的なのだが、前走スプリンターズSは内を突けたのにイマイチ伸び切れなかったことは気になる。
少し位置を上げながらの競馬をしたため脚を溜めきれなかったかもしれないとも考えられるし、軽視は出来ないのだが。

 

 

▲マリアズハート
シャンハイボビー産駒(ストームバード系)
父ノーザンダンサー系(大系統)の差し追い込み馬で、内・前有利だったスプリンターズSでは出番なし(とは言っても外から伸びた脚はなかなか見どころあった)という昨年のエイティーンガールと共通点が多い。
狙えるタイミングだと思います。

 

 

△タイセイビジョン
タートルボウル産駒(ノーザンダンサー系)
同じ父ノーザンダンサー系(大系統)でスプリンターズSは仕方なしというタイプ。
能力は高いが、やはり斤量58kgはキツく勝つまでは難しいか。

 

 

△プルパレイ
イスラボニータ産駒(サンデーサイレンス系)
もうひとつの注目ポイント「距離短縮のサンデーサイレンス系」に当てはまる馬。
過去2年人気薄で健闘した2頭と比べるとスタミナ型サンデー系ではないことが引っかかるが、警戒はしたい。

 

 

△ヴァトレニ
グラスワンダー産駒(ロベルト系)
前走1400mからの距離短縮。
1200mでオープン勝利→重賞3着と好走が続いたということを考えれば、1400mから1200mに戻ることは良いのではないか。

 

 

△サンライズオネスト
ダイワメジャー産駒(サンデーサイレンス系)
安定感があり阪神適性もある。
自在性もあるのでここもまとめてくる可能性高い。

 

 

△ビアンフェ
キズナ産駒(サンデーサイレンス系)
凡走後に巻き返すことの出来る血統。
同型との兼ね合いになるが、先手を奪えるようならチャンスあり。

 

【予想印】

◎トウシンマカオ
○エイティーンガール
▲マリアズハート
△タイセイビジョン
△プルパレイ
△ヴァトレニ
△サンライズオネスト
△ビアンフェ
買い目
本線:◎○▲の単勝
余裕があれば 3連単フォーメーション ◎○▲→◎○▲△→◎○▲△
または、3連複フォーメーション ◎○▲-◎○▲△-◎○▲△

 

 

PR.先週マイルチャンピオンシップで帯封獲得!!『ユニコーン』
今週は【京阪杯】が勝負レースとのこと!!

 

馬体観察のプロ集団によるジャッジ
独自の情報源
最新鋭の予想式(AIによるものか?)

これらが『ユニコーン』の予想の軸のようです。
⇒https://www.u-nicorn.com/

 

先週はマイルチャンピオンシップで帯封獲得!
これは今週も期待出来そうですね。

 

注目サイト『ユニコーン』への無料会員登録はこちらから
⇒https://www.u-nicorn.com/

ワールド東京新聞杯
マスターズ東京新聞杯
最新情報をチェックしよう!