【JBCレディスクラシック2019予想】本命ゴールドクイーン

JBCレディスクラシック2019の予想です。
JBCレディスクラシックの過去3年の血統データを予想に役立つ見やすい色分け表にまとめています。

JBCレディスクラシック2019は浦和D1400m
11月4日(振月)14時に行われる予定です。

JBCレディスクラシック2019の予想参考血統データ

JBCレディスクラシック2019の出馬表

JBCレディスクラシック2019出馬表

【JBCレディスクラシック2019】の馬柱はこちらです

 

JBCレディスクラシック2019の過去3年の傾向

JBCレディスクラシック2019過去3年

☆1600~1800mで行われた過去3年はパワー型サンデーサイレンス系ヴァイスリージェント系が中心になっていました。

 

☆1400mで行われる今年はもっとスピード寄りの血統が活躍するかもしれません。

 

JBCレディスクラシック2019の予想

◎ゴールドクイーン
シニスターミニスター産駒(ボールドルーラー系)
モンペルデュとの先行争いがカギになりそうですが、こちらの方が距離実績がある分だけ安心感はやはりある。
それでいてスピードで劣るというわけでもないので行ける可能性もあるし、持続力があるので相手を行かせて目標にするのも悪くないと思います。

 

○ファッショニスタ
ストリートセンス産駒(ミスプロ系)
1800mも悪くないですが、1400mのスピードレースの方が安心できるタイプ。

 

▲モンペルデュ
Cairo Prince産駒(ミスプロ系)
スピードはあるものの、エンパイアメーカー(ミスプロ系)の系統ということもありマークされたときに脆さを出さないかという不安はある。
もちろん内枠からポンと出てそのまま絡まれなければ、スピードで圧倒して勝つ可能性も十分にある。

 

△ヤマニンアンプリメ
本命馬と同じシニスターミニスター産駒(ボールドルーラー系)
やはりスピードと1400m向きの持続力もある馬。

 

△レッツゴードンキ
キングカメハメハ産駒(ミスプロ系)
この距離に入ればスタミナを活かした末脚で突っ込んで来ることが出来るタイプ。

 

△サラーブ
ルーラーシップ産駒(ミスプロ系)
こちらもこの距離なら差しに回って面白いと思います。

 

【予想印】

◎ゴールドクイーン
○ファッショニスタ
▲モンペルデュ
△ヤマニンアンプリメ
△レッツゴードンキ
△サラーブ

 

 

チケラボの先週の的中実績はこちら

先週だけでこれですからね!!

 

登録は無料!

しかも登録すれば限定無料買い目を毎週もらうことができます!

チケラボへの無料登録はこちらから⇒https://tik-lab.biz/

JBCレディスクラシック2019出馬表
最新情報をチェックしよう!