函館2歳ステークス2021回顧(3連単14万馬券的中!!)

函館記念2021の1~5着馬の血統はこちらの表のようになっております。

函館記念の予想はこちらでした。
(単勝的中)

前の2頭は序盤オーバーペースで飛ばしていましたが、離れたトーセンスーリヤの位置なら平均ペースといったところ。
トーセンスーリヤは持ち味を発揮して強さを見せましたね。

カフェファラオは馬群で動けず。
こうなると芝もダートも関係なく厳しい。
それでもパッタリ止まるわけでもなく、芝でもそれなりに走れる感じでしたし、トーセンスーリヤの位置かその1つ後ろの列ならまた違ったかもしれません。

 

 

中京記念2021の1~5着馬の血統はこちらの表のようになっております。

中京記念の予想はこちらでした。
(単勝・ワイド的中)

アンドラステは内をすくって直線入り口先頭から押しきる勝利。
道中前とのスペースを上手く意識して乗っていた川田騎手の好騎乗だったと思います。

 

 

函館2歳ステークス2021の1~5着馬の血統はこちらの表のようになっております。

函館2歳Sの予想はこちらでした。
(単勝・3連単14万馬券的中!)

ペースは速めで差し馬にもチャンスはあったと思いますが、ナムラリコリスとカイカノキセキの力が少し抜けていたということと、グランデが上手に内を突いたというレースだったと思います。

ナムラリコリスは好スタートからマイペースで先団後ろ、ペースが落ちたところで外をスムーズに上がることが出来ました。
上手な競馬。
昨年のリンゴアメに続いてマツリダゴッホ(サンデーサイレンス系)の血統を持つ馬の連勝となりました。

カイカノキセキはある程度ついて行ったのにペースが落ちたところで内で待つ形になってしまったことが痛かった。
普通の馬であればあのまま飲み込まれてしまうのですが、直線入り口でスペースを作ると抜けてきましたから大したものだと思います。

グランデは今回予想・馬券的に最も上手くいった馬。
未勝利馬ですが函館2歳ステークスの血統傾向から母父に注目、また父が距離短縮に向くだろうと評価出来たことが良かったですね。

血統フェスティバルメルマガ・完全版の全頭解説付き予想やブログを参考に的中された方、おめでとうございます^^

参考までに血統フェスティバルメルマガ・完全版でのグランデの解説は以下の通りでした。

1枠1番
グランデ
ディスクリートキャット産駒
☆能力:B
☆タイプ:スピード先行タイプ
☆短評:阪神芝1600mの新馬戦は5着。
スローで逃げたが直線ではキレ負け。
距離も流れも合っていない条件だったので仕方ないし、今回は適性はアップすると考えられる。
母父デュランダルは函館2歳Sで活躍している「日本の短距離G1勝ち馬」という血統。
未勝利馬ではあるが侮れない。

最新情報をチェックしよう!