【CBC賞2019】プレ予想 アウィルアウェイ末脚を活かせる舞台だ

6月30日(日)に行われるCBC賞2019のプレ予想です。

CBC賞の主な出走予定馬の血統、タイプ、好走するための条件、今回のレースでの評価などをまとめています。

 

広告

CBC賞2019主な出走予定馬の短評

ラジオNIKKEI賞2019の出走予定馬の血統

アウィルアウェイ

ジャスタウェイ産駒
1400mならキレる脚が使えるタイプで、
1200mでもしっかり溜めることが出来ればキレるはず。
ただ、道中脚を使うと良くないので我慢が出来るかどうか。
パワーのある血統なので中京は悪くない。

 

 

アレスバローズ

ディープインパクト産駒
昨年の勝ち馬。
前走の高松宮記念は結果的に中途半端な競馬になってしまった印象。
シルクロードSで途中から上がって行った内容には見るべきものがあったし
まだ見限れない。

 

 

グランドボヌール

エンパイアメーカー産駒
パワーがあり上がりもまとめることが出来るので
中京向きだと感じる。
スピードレースになると分が悪いだろうが、
すんなり2番手に収るような展開になればチャンスあり。

 

 

コパノディール

同じエンパイアメーカー産駒のグランドボヌールのように速い上がりも使える。
こちらは49kgなので、今回一瞬の速さではかなり侮れない存在だし
直線コースを使ってきたことで道中のスピード面でもプラスの影響があるかもしれない。

 

 

PR.【すごい競馬】という凄い名前のサイト、ご存じですか!?

【すごい競馬】の何が凄いのか?
それは「馬券がすごい」

⇒【すごい競馬】への無料会員登録はこちらから

 

 

ショウナンアンセム

ジャングルポケット産駒
高松宮記念では内から伸びて3着。
オーシャンSでは最終的に苦しくなったが途中上がって行く脚に見所があった。
今回もオーシャンSほどのスピードは要求されないだろうから
今の充実度を考えると侮れない。

 

 

セイウンコウセイ

アドマイヤムーン産駒
高松宮記念は内を先行して2着。
馬場を味方につければ今回もチャンスはあるだろうが、身長になりすぎると一気に飲み込まれる不安もまだある。

 

 

レッドアンシェル

マンハッタンカフェ産駒
前走初の1200mで圧勝。
ただ、京都・スロー・直線での加速なし
というすべてがこの馬に向いた条件だった。
今回はあれ以上は望めないし、決め手のある馬にやられる可能性はある。

 

 

PR.【すごい競馬】という凄い名前のサイト、ご存じですか!?

もしまだ知らないのであれば、
これから有名になってしまう前に
いち早く利用した方が良いかもしれません。
⇒【すごい競馬】への無料会員登録はこちらから

 

それだけこのサイトは今すごいです

 

【すごい競馬】の何が凄いのか?

 

それは「馬券がすごい」のです。

はっきりいって一番大事なところですよね(笑)

 

先週の的中実績はこちら

さらに先々週はマーメイドSとエプソンCの重賞を両方とも的中しているんですよね(゚Д゚)

 

【すごい競馬】はユーザーに無理させないように
基本的に1レース3,000円以内での勝負。

 

最小限の馬券で、最大限の利益を追求しています。

 

だからこそ

「参考にしやすい」
「資金が少なくても楽しめる」

と多くの方に好評なのですが、良い考え方だなと思いませんか?

 

今無料登録をすれば今週のCBC賞の情報を含めた
土日ともすごい情報を無料提供!

 

無料登録に必要なのはメールアドレスのみ。
⇒【すごい競馬】への無料会員登録はこちらから

CBC賞2019の出走予定馬の血統
最新情報をチェックしよう!
広告