カーバンクルステークス2023予想 本命コムストックロード

1月14日(土)に行われるカーバンクルステークス2023の予想です。
カーバンクルSの過去3年の血統データを予想に役立つ見やすい色分け表にまとめています。

カーバンクルS2023予想参考血統データ

PR.『にのまえ』
情報+AIで高配当&正確性を実現!
この的中実績を見てくれ!

 

★カーバンクルSの過去3年の結果

カーバンクルステークス2023過去3年の血統傾向表

☆昨年はダイワメジャー産駒(サンデーサイレンス系)が勝利。
同産駒は2019年まで4年連続で連対と注目の血統です。

 

 

ダンチヒ系も毎年のように好走していました。

 

 

ノーザンテーストの血統を持つ馬がよく走っています。
ダイワメジャー自身もこの血統を持っています。

 

★先週の中山芝コースの傾向

☆1200mはスピード型サンデーサイレンス系が中心になっていました。

カーバンクルS2023の予想

◎コムストックロード
シルバーステート産駒(サンデーサイレンス系)
同産駒は中山芝コースで絶好調。
自身の母父がやはり中山で大活躍しているロベルト系ということもポイントになっているか。
さらにスピード型サンデーサイレンス系でもあるので、レース傾向にも合っている。
1200m重賞で2着の実績もある馬なので今回は条件的に勝ちを狙えるのではないでしょうか。

 

 

○ミニオンペール
マツリダゴッホ産駒(サンデーサイレンス系)
スピード型サンデーサイレンス系
前走は15番人気で2着という大激走だったが、1200mではこんなに人気にならない方が不思議なくらい安定した走りが出来ており、前走はフロックではない。

 

 

▲ルッジェーロ
キンシャサノキセキ産駒(サンデーサイレンス系)
こちらもスピード型サンデーサイレンス系に該当。
この馬も人気以上に良いレースが出来ていることが多く要注意。

 

 

△チェアリングソング
マツリダゴッホ産駒(サンデーサイレンス系)
昨年3月には同じ中山のアクアマリンSを勝利。
関東圏のレースの方が成績も安定しており今回は期待したい。

 

 

△ディヴィナシオン
ヴィクトワールピサ産駒(サンデーサイレンス系)
決め手を活かす競馬は血統的にも悪くないし、噛み合えば一発狙えるレベルにはある。

 

 

△インターミッション
ディープインパクト産駒(サンデーサイレンス系)
前走1200mの福島テレビオープンで2着に好走。
末脚が噛み合うかどうかというタイプで安定感は期待出来ないが、爆発力には警戒が必要。

 

 

△ジュビリーヘッド
ロードカナロア産駒(ミスプロ系)
ここ数戦は重賞レースを走ってきたので今回相手関係は楽になるし、その前には中山で連続好走していたように適性的にも安心感がある。

 

【予想印】

◎コムストックロード
○ミニオンペール
▲ルッジェーロ
△チェアリングソング
△ディヴィナシオン
△インターミッション
△ジュビリーヘッド
買い目
本線:◎○▲の単勝
余裕があれば 3連単フォーメーション ◎○▲→◎○▲△→◎○▲△
または、3連複フォーメーション ◎○▲-◎○▲△-◎○▲△

 

 

PR.『にのまえ』情報+AIで高配当&正確性を実現!

それを証明するのが先週の勝負レースでの高額的中!

 

有料プランがすごいのは当然ですが、
無料予想でも「今週はこのレースを買って下さい」
自信を持って指定してくれます!

これは助かりますし、
本当に自信があるんだろうなと思います。

 

情報+AI=高配当&正確性

『にのまえ』への無料登録はこちらです⇒https://ninomae.net/

※もちろん重賞レースの予想もあります!

ワールド東京新聞杯
マスターズ東京新聞杯
最新情報をチェックしよう!