淀短距離ステークス2022予想 本命グルーヴィット

1月10日(祝・月)に行われる淀短距離ステークス2022の予想です。

淀短距離Sの予想に役立つ血統データを見やすい色分け表にまとめています。

 

PR.『にのまえ』
情報+AIで高い正確性を実現!

『にのまえ』への無料登録はこちらからhttps://ninomae.net/

 

 

淀短距離S2022予想参考血統データ

★昨年の結果

淀短距離ステークス2022昨年

☆1着馬と2着馬はノーザンテーストの血統を持っていました。

 

 

ロードカナロア産駒(ミスプロ系)は人気薄で3着4着と健闘していました。

★今週の中京芝コースの傾向

☆短めの距離ではロードカナロア産駒(ミスプロ系)などキングカメハメハ(ミスプロ系)の系統が活躍していますね。

 

 

淀短距離S2022の予想

◎グルーヴィット
ロードカナロア産駒(ミスプロ系)
1200mへの距離短縮は好材料だし、前走が重賞レースだったので相手関係も楽になる。
久々でも好勝負可能な条件。

 

 

○スマートクラージュ
父ディープインパクト(サンデーサイレンス系)×母父キングヘイロー(リファール系)
前走初めての1200mで素晴らしい末脚を見せて差し切り勝ち。
スプリント適性の高さは母系の影響か。
同じくらいのパフォーマンスが発揮出来ればここも勝ち負け。

 

 

▲ビオグラフィー
ロードカナロア産駒(ミスプロ系)
1400mから1200mへの距離短縮は好材料。
先行出来れば好結果にも期待出来る。

 

 

△スギノヴォルケーノ
ロードカナロア産駒(ミスプロ系)
最近はダートを使ってみたりするなど良い意味で刺激を与えようという意図を感じる。
前走で1600mを使われ今回1200mに戻ることはそういう点からも注目したい。

 

 

△ダディーズビビッド
キズナ産駒(サンデーサイレンス系)
前向きな面もあり距離には対応出来るはず。
パワーがあることも中京ではプラス。

 

 

△タイセイアベニール
ベーカバド産駒(ダンチヒ系)
母系のパワーとスタミナを活かして突っ込んで来ることが出来るタイプ。

 

 

△キタイ
ダンカーク産駒(ミスプロ系)
スピードとパワーで押し切るような競馬が出来れば一発も。

【予想印】

◎グルーヴィット
○スマートクラージュ
▲ビオグラフィー
△スギノヴォルケーノ
△ダディーズビビッド
△タイセイアベニール
△キタイ
買い目:◎○▲の単勝
◎から3連単マルチ、○から3連複

 

 

PR.『にのまえ』情報+AIで高い正確性を実現!

それを証明するのがこれ
1月5日いきなりの帯封獲得!!

有料プランがすごいのは当然ですが、
無料予想でも「今週はこのレースを買って下さい」
自信を持って指定してくれます!

これは助かりますし、
本当に自信があるんだろうなと思います。

 

情報+AI=高い正確性

『にのまえ』への無料登録はこちらです⇒https://ninomae.net/

※もちろん重賞レースの予想もあります!

最新情報をチェックしよう!