【弥生賞2020予想参考】中山芝コースの血統傾向

弥生賞2020が行われる中山芝コースの血統データを予想に役立つ見やすい色分け表にまとめました。

中山芝コースの傾向を分析することで、弥生賞の注目馬を探します。

先週の中山芝コースの傾向

☆弥生賞と同じ2000mでは2レースともタートルボウル産駒(ノーザンダンサー系)が好走しています。

 

 

☆その他のノーザンダンサー系(大系統)もよく走っています。

 

 

☆1800m、2000mといった中距離ではステイゴールド(サンデーサイレンス系)の系統がよく走っていますね。

 

 

☆1600mは2レースともダイワメジャー産駒(サンデーサイレンス系)が勝っています。

あわせて読みたい弥生賞2020関連の記事はこちら

⇒弥生賞2020過去5年の血統傾向
⇒弥生賞2020プレ予想ワーケア編
⇒弥生賞2020最終追い切り情報

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第57回 弥生賞(G2)>

ワーケアは皐月賞の前哨戦を勝てる?

→3点勝負買い目を無料公開←

━━━━━━━━━━━━━━━

過去10年の上位人気の成績は、1人気[5.1.0.4]、2人気[2.2.2.4]、3人気[0.1.1.8]と1人気が5勝と好成績。
また、1人気で勝利した5頭中4頭が単勝1倍台の圧倒的人気だった。平均配当は、馬連1万0430円、3連複1万4610円、3連単13万1050円。

 

ステップレース別の成績では朝日杯FS(2勝)・若駒S(2勝)他、ラジオNIKKEI賞、東スポ杯2歳S、500万下、京都2歳S、共同通信杯、きさらぎ賞が1勝を挙げている。
中でも朝日杯FS組みは10頭が出走し8頭が馬券圏内に入っている。
東スポ杯2歳S組みも2頭が出走し共に連対。朝日杯FS・東スポ杯2歳S組は要注意だ。

 

今年はホープフルS3着ワーケア(3戦2勝)、2連勝中サトノフラッグ(3戦2勝)、札幌2歳S1着ブラックホールなどが参戦。
弥生賞は直近6年で4度的中!競馬セブンでは厩舎・騎手・馬主・生産各方面から各陣営の本音話を独占入手済ですので週末の情報はお見逃しの無いようご注意ください。

 

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。
今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『弥生賞・3点勝負』を特別公開。
情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第57回 弥生賞(G2)>

ワーケアは皐月賞の前哨戦を勝てる?

→3点勝負買い目を無料公開←

━━━━━━━━━━━━━━━

シンクタンク京都記念2023
暴露王京都記念2023
最新情報をチェックしよう!