ターコイズステークス2021出走予定馬と血統傾向 6年連続連対の配合とは

12月18日(土)に行われるターコイズステークス2021中山芝1600mの出走予定馬(登録馬)と過去5年の血統データを予想に役立つ見やすい色分け表にまとめました。

ターコイズS2021の血統データを分析することで、今年の注目馬を探します。

ターコイズSの血統傾向

ターコイズステークス2021出走予定馬

☆重賞になってから父サンデーサイレンス系×母父ロベルト系という配合馬が6年連続で連対しています。
昨年もアンドラステが2着に好走しました。
中山でロベルト系のパワーが活きるのだと思います。
※今年の登録馬ではアンドラステ・ウインアグライアが該当します。

 

 

☆パワーとスタミナを兼ね備えているタイプが中心になっています。

 

【ターコイズS】の血統プライマル

(過去3年の1~3着馬9頭が対象)
☆タイプ:スタミナ型血統(万能型)9/9、パワー型9/9
☆スピード系統:8/9
☆父の系統サンデーサイレンス系6/9
☆注目血統ロベルト系
サドラーズウェルズ系ニジンスキー系などのスタミナ型ノーザンダンサー系(大系統)

 

 

PR.抜群のデータ量を誇る『競馬戦艦YAMATO』

毎週の予想の助けになることは確実。

登録は無料なので
まずは実際に『競馬戦艦YAMATO』の実力に触れてみて下さい。

ターコイズステークス2021出走予定馬
最新情報をチェックしよう!