東京大賞典2022出走予定馬と血統傾向 パワー型ターントゥ系が中心

12月29日(木曜)に行われる東京大賞典2022大井D2000mの出走予定馬(登録馬)と過去5年の血統データを予想に役立つ見やすい色分け表にまとめました。

東京大賞典2022の血統データを分析することで、今年の注目馬を探します。

東京大賞典の血統傾向

東京大賞典2022予想に役立つ血統色分け表

ゴールドアリュール(サンデーサイレンス系)の血統を持つ馬が5連勝中です。
ネオユニヴァース(サンデーサイレンス系)ディープスカイ(サンデーサイレンス系)ブライアンズタイム(ロベルト系)などその他にもパワー型ターントゥ系(大系統)は好走しています。

 

 

☆父または母父がヴァイスリージェント系という馬は2019年まで5年連続で好走していました。

 

【東京大賞典】の血統プライマル

(過去3年の1~3着馬9頭が対象)
☆タイプ:パワー型(万能型)9/9
☆スピード系統:9/9
☆父の系統ミスプロ系5/9
☆注目血統ゴールドアリュール(サンデーサイレンス系)などパワー型ターントゥ系(大系統)

 

 

PR.中央競馬、地方競馬の二刀流『ユニコーン』
交流重賞を連勝中!!


ダートに強い=交流重賞に強い『ユニコーン』への無料会員登録はこちらから
⇒https://www.u-nicorn.com/

 

馬体観察のプロ集団によるジャッジ
独自の情報源
最新鋭の予想式(AIによるものか?)

これらが『ユニコーン』の予想の軸のようです。
⇒https://www.u-nicorn.com/

 

現在『ユニコーン』は交流重賞を連勝中
やっぱり交流重賞に強い!!
東京大賞典でも注目ですね!

 

注目サイト『ユニコーン』への無料会員登録はこちらから
⇒https://www.u-nicorn.com/

 

ワールド東京新聞杯
マスターズ東京新聞杯
東京大賞典2022予想に役立つ血統色分け表
最新情報をチェックしよう!