天皇賞秋2020回顧(単勝・3連単など完全的中!)

天皇賞秋2020の1~5着馬の血統はこちらの表のようになっております。
天皇賞・秋2020結果

天皇賞秋の予想はこちらでした。
(単勝・3連複・3連単完全的中!)

ペースはスロー。
ただ、極端に緩む箇所はなく、前半スローで入って中盤は12秒前後のラップ。
このペースでさらに後続との距離をとりながら単騎で逃げることが出来たダノンプレミアムには絶好の展開。
他馬が差を詰めにかかった4コーナー手前からペースを上げることで後続の馬にとってきつい流れにも出来ましたし、これで3着に残れないのなら仕方がないという競馬。
上位3頭が抜けて強かったということだと思います。

アーモンドアイは前に壁を作ることが出来なかったもののしっかり折り合いがついて、直線での反応・伸びともに良かった。
着差はそれほどありませんでしたが、これはフィエールマンとクロノジェネシスを褒めるべき。

フィエールマンはスローで追走にも苦労しませんでしたし、コーナーでは距離ロスを抑えることが出来ていましたし、直線でもスムーズに外に出すことが出来た。
クロノジェネシスを目標にも出来たでしょうし、上位馬の中でも最も上手なレースが出来たと思います。

クロノジェネシスは最も速いラップだった4コーナー~直線入り口で大外を回った分だけ2頭と比べるとロスあり。
それでも良い脚で伸びてきていましたから、やはり強くなっていると思います。

 

 

アルテミスステークス2020の1~5着馬の血統はこちらの表のようになっております。

アルテミスSの予想はこちらでした。
(3連複的中)

ソダシは好スタートから外目を先行。
血統を考えるとこれはベストのレース運び。
ただ、直線で11.2-10.9-11.9という瞬発力を使えたことは予想以上の強さ。
本質的には持続力タイプだと思いますが、これなら阪神JF・桜花賞で瞬発力が要求されても対応出来ると思います。

◎ストゥーティは4着。
11番人気だったことを考えると頑張りましたが、直線で最初から内ではなくソダシの後ろやシャドウファックスの横を選んでいれば2着3着はあったかも。

 

 

スワンステークス2020の1~5着馬の血統はこちらの表のようになっております。

スワンSの予想はこちらでした。

カツジがまさかの先行策。
下り坂でペースを少し上げて後続に脚を削ぎ、この馬はコーナーで内→直線では真ん中に持ち出すという完璧なコース取りも出来て勝利。
持続力のある血統ですが、それを前目から引き出した岩田騎手の好判断だったと思います。

 

 

11月からの読者募集を開始した血統フェスティバルメルマガ・完全版
10月31日土曜日111.4%、11月1日154.9%で2日続けてプラス回収

この辺りの的中がなかなか良かったと思います^^

11月1日
東京2R 単勝19.7倍的中

トランセンド産駒の初ダートを狙い撃つことが出来ました。

京都12R 単勝22.6倍的中

ダート短距離の王道血統サウスヴィグラス産駒!

 

10月31日
東京10R キタサンブラックメモリアル 単勝27.9倍的中

血統フェスティバルメルマガ・完全版の2020年10月25日までの年間回収率121.4%
2019年の年間回収率は115.7%で2年連続プラス継続中!

メルマガの内容や的中実績、料金などの詳細はこちらをご覧下さい
https://bfkeiba.com/mailmagazine/
11月からの読者募集中です。

最新情報をチェックしよう!