TCK女王盃2021予想 本命マルシュロレーヌ

1月20日(水)に行われるTCK女王盃2021の予想です。
TCK女王盃の過去3年の血統データを予想に役立つ見やすい色分け表にまとめています。

 

PR.徹底的に研究、解析し効率的に利益を出す方法を確立した新進気鋭サイト『ユニコーン』が待望の地方競馬予想を開始!
これはTCK女王盃も楽しみしかない(^_^)V


注目サイト『ユニコーン』への無料会員登録はこちらから⇒http://u-nicorn.com/

 

TCK女王盃2021の予想参考血統データ

TCK女王盃2021の出馬表

TCK女王盃2021予想

【TCK女王盃2021】の馬柱はこちらです

 

 

TCK女王盃の過去3年の傾向

TCK女王盃2021過去3年

ミスプロ系ボールドルーラー系ヴァイスリージェント系ダマスカス系といったパワーのある血統が活躍しています。

 

 

☆ダート中距離ということもありパワー型ターントゥ系(大系統)ももちろん良いですね。

 

TCK女王盃2021の予想

◎マルシュロレーヌ
父オルフェーヴル(サンデーサイレンス系)×母父フレンチデピュティ(ヴァイスリージェント系)
前走のJBCレディスクラシックは前の馬が押しきるスピード競馬になり届かず。
もう少し時計がかかるようなら巻き返しは可能。

 

 

○マドラスチェック
Malibu Moon産駒(ボールドルーラー系)
昨年の勝ち馬。
対マルシュロレーヌならスピードレースの方がチャンスはあるが、そうでなくてもしっかりまとめてくることが出来る馬。

 

 

▲ローザノワール
父マンハッタンカフェ(サンデーサイレンス系)×母父Awesome Again(ヴァイスリージェント系)
JBCレディスクラシックはスタートで躓き、スピードレースを外追走ではさすがに苦しかったか。
少頭数の落ち着いた競馬になる今回なら本来の力を出しやすい。

 

 

△レーヌブランシュ
クロフネ産駒(ヴァイスリージェント系)
JBCレディスクラシックは最内枠でノビノビ走れず。
少頭数の外枠なら力を発揮出来る。

 

 

△サルサレイア
クロフネ産駒(ヴァイスリージェント系)
決め手はまずまずのものがあるので少頭数ならチャンスが出てくるかもしれない。

【予想印】

◎マルシュロレーヌ
○マドラスチェック
▲ローザノワール
△レーヌブランシュ
△サルサレイア

 

 

PR.徹底的に研究、解析し効率的に利益を出す方法を確立した新進気鋭サイト『ユニコーン』
待望の地方競馬予想を開始!!

馬体観察のプロ集団によるジャッジ
独自の情報源
最新鋭の予想式(AIによるものか?)

これらが『ユニコーン』の予想の軸のようです。

年末も有馬記念→東京大賞典と連続で的中しましたから、
ユニコーン会員にとっては最高の競馬納めとなりました。

また、地方競馬での予想精度の高さもわかりますね。

 

控えめに言っても、ここは今もっとも注目サイトだと思います。

 

その『ユニコーン』がついに地方競馬の予想に参戦!
これはTCK女王盃も楽しみしかない(^_^)V

注目サイト『ユニコーン』への無料会員登録はこちらから⇒http://u-nicorn.com/

TCK女王盃2021予想
最新情報をチェックしよう!