宝塚記念2022プレ予想 タイトルホルダー距離短縮でマイペースの走りが出来るかがカギ

6月26日(日)に行われる宝塚記念2022のプレ予想です。

宝塚記念2022の主な出走予定馬の血統、タイプ、好走するための条件、今回のレースでの評価などをまとめています。

 

宝塚記念2022主な出走予定馬の短評

宝塚記念2022出馬表

タイトルホルダー

ドゥラメンテ産駒
弥生賞、菊花賞、日経賞、天皇賞と重賞レースで勝った時は道中13秒台のラップで息を入れることが出来ている。
パンサラッサとは有馬記念でいっしょに走っていて、その時はパンサラッサが単騎で逃げてタイトルホルダーは2番手、直線入り口では捕らえて先頭に立ったもののこの馬自身も坂で脚色鈍ってしまった。
これは逃げることが出来なかったからか、それともペースが緩まず息を入れられなかったからか。
パンサラッサの存在と距離短縮から、ここ2戦よりはパフォーマンスを落とすかもしれない。

 

 

ディープボンド

キズナ産駒
早い段階から活躍していた馬だが、距離を延ばしてさらに格が上がったこたは確か。
そのためここで1000mの距離短縮、2200mという距離に対応出来るのか?というのが最大のポイント。
2500mの有馬記念では流れに乗ることが出来たし、タイトルホルダーにも先着したが、その時は距離短縮ではなかった。
今年の宝塚記念は2週目に行われるので、良馬場の場合はスピード面できつくなるかもしれない。
道悪で道中追っ付け通しくらいの競馬をしてくれば地力の高さを活かせると思うが。

 

 

パンサラッサ

ロードカナロア産駒
中山記念は前半3ハロンは35.2とそこまで速くはなかったが、そこからまたペースを上げて大逃げに持ち込んだ。
ドバイターフでは引き付け気味に進めて直線しっかり伸びるなど、同じ逃げでも引き出しが多い。
2000mまでしか好走実績はないし、ロードカナロア産駒ということを考えれば不安もあるが、母系はスタミナ血統豊富なのでこなせる範囲ではあると思う。
道悪は血統・実績からも悪くないタイプで、他の騎手のペース間隔が狂う可能性もあることからも最も勝機ありかもしれない。

 

 

ヒシイグアス

ハーツクライ産駒
大阪杯はスタート後の行きっぷりは良かったが、そこでは少し引くことを選択して中団から。
結果的には先団にいた馬やコースロスを抑えた馬が上位に来たことから、あのままもう少し前で運んでいた方が良かったかもしれないが、
それでもあの位置から外を回って4着だったことは評価出来る。
天皇賞組と比べればスピード面での不安はないし、2200mへの距離延長も血統やレース内容からは特に問題ないはず。

 

血統フェスティバルメルマガ・完全版では、さらに詳しく全頭の解説付き予想を配信します。

 

あわせて読みたい宝塚記念2022関連の記事はこちら

⇒宝塚記念2022の1週前追い切り情報
⇒宝塚記念2022過去5年の血統傾向
⇒宝塚記念2022阪神芝コースの血統傾向
⇒宝塚記念2022最終追い切り情報

 

 

PR.勢いが止まらない!本物の『価値ある無料情報』
グロリアの『宝塚記念』無料予想を見てみたくありませんか?

 

グロリアでは

 

・本物の人材

・高度なデータ分析

・独自の情報

 

これらを確保することで『価値ある情報』を提供することが出来ています。

グロリアの情報に興味を持たれた方はこちらから無料登録してみてください。
⇒http://glo-ria.com/

こういう的中を生み出す情報を『価値ある情報』って言うんですよね。

 

そんなグロリアが提供する
『宝塚記念』
の予想、気になりませんか!?

 

グロリアの価値ある情報
気になる方はこちらからかんたん無料登録してみてください

⇒http://glo-ria.com/

『宝塚記念』の予想を手に入れてください!!

シンクタンク京都記念2023
暴露王京都記念2023
宝塚記念2022出馬表
最新情報をチェックしよう!