宝塚記念2020予想 地味な血統にもチャンスあり

宝塚記念2020の予想です。

宝塚記念2020の出走馬と過去5年の血統データ、単勝人気とオッズを予想に役立つ見やすい色分け出馬表にまとめています。

前日オッズは
1番人気サートゥルナーリア 2.8倍
2番人気ラッキーライラック 5.1倍
3番人気クロノジェネシス 5.3倍
4番人気ブラストワンピース 7.4倍
5番人気グローリーヴェイズ 8.4倍

発走は6月28日(日)15時40分の予定です。

 

PR.その情報、本当に役立っていますか?
価値ある情報の『グロリア』は先週の重賞ダブル的中!!


実績抜群のグロリアが提供する『宝塚記念の価値ある情報』気になりませんか!?

『宝塚記念』は価値ある情報の有無が勝敗の分かれ道になるでしょう

グロリアにはこちらから無料登録できます⇒http://glo-ria.com/

 

宝塚記念2020の予想参考血統データ

★宝塚記念過去5年の傾向

宝塚記念2020予想

☆昨年はスタミナ的な持続力に優れたトニービン(グレイソヴリン系)の血統を持つ馬が1~3着を独占しました。
※今年の出走馬ではアドマイヤアルバ・キセキ・ダンビュライトがトニービン(グレイソヴリン系)の血統を持っています。

 

 

キングマンボ(ミスプロ系)の血統を持つ馬が活躍しています。
2019年2着、2018年1着、2015・2016年は1着2着でした。
パワーがあって溜めも利くのでこのコースが合っているのだと思われます。
※今年の出走馬ではキセキ・サートゥルナーリア・ダンビュライト・ブラストワンピース・レッドジェニアル・ワグネリアンがキングマンボ(ミスプロ系)の血統を持っています。

 

 

☆やはりパワーがあるということでロベルト系も良いですね。

 

 

☆2017年は父ノーザンダンサー系(大系統)のサトノクラウンが1着、
2018年は父ノーザンダンサー系(大系統)の外国馬ワーザーが2着に好走。
このように、日本の主流からズレた血統にもチャンスのあるG1です。
※今年の出走馬ではトーセンスーリヤ・ブラストワンピース・ペルシアンナイトが父ノーザンダンサー系(大系統)です。

 

 

☆スタミナ寄りの総合力が要求されることの多いレースです。

 

★阪神芝コースの傾向

宝塚記念2020予想参考阪神芝コース

ディープインパクト(サンデーサイレンス系)の血統を持つ馬の好走が多く、ほとんどのレースで馬券圏内に来ています。
※宝塚記念の出走馬でディープインパクト(サンデーサイレンス系)の血統を持っているのはカデナ・キセキ・グローリーヴェイズ・トーセンカンビーナ・メイショウテンゲン・モズベッロ・ワグネリアン

 

 

キングマンボ(ミスプロ系)の系統もほとんどのレースで好走しています。
※宝塚記念の出走馬で父または母父がキングマンボ系(ミスプロ系)なのはキセキ・サートゥルナーリア・ダンビュライト・ブラストワンピース・レッドジェニアル・ワグネリアン

 

 

ハービンジャー産駒(ダンチヒ系)などダンチヒ系も好調です。
※宝塚記念の出走馬ではブラストワンピース・ペルシアンナイトがハービンジャー産駒(ダンチヒ系)です。

 

宝塚記念2020の予想

◎クロノジェネシス
バゴ産駒(ブラッシンググルーム系)
追い切りは栗東CW 82.2-66.2-51.5-37.8-11.8 併せ遅れ
宝塚記念はサンデーサイレンス系以外の血統も多く好走しているレースで、普段あまり目立つことのないこういう血統にもチャンスはある。
道悪はこれまで3戦3勝。
今年の初戦は重馬場の京都芝2200m京都記念を勝利。
2017年の宝塚記念はやはり道悪で行われた京都記念を勝ったサトノクラウンが制しており、道悪の2200m実績というのは雨の影響が残りそうな宝塚記念では心強い。
大阪杯も勝ったラッキーライラックとは最後まで枠の差が出た感じで、完全な実力負けとは言えないものだった。
今回もこちらの方が外枠に入ってしまいましたが、スタミナレースで内外の差がなくなれば逆転も十分に可能だと思いますし、そうなれば勝ち負けまで見えてくると思います。

 

 

○ブラストワンピース
父ハービンジャー(ダンチヒ系)×母父キングカメハメハ(ミスプロ系)
追い切りは美浦南W 68.1-52.1-37.6-12.1 併せ同入
前走の大阪杯は内が有利でレース後半のスピードが要求されたレース。
この馬は外から上がって行ったものの、コーナーでも加速される苦しいレース。
それでも向いているとは言えないレースで見せ場を使っただけでも評価は出来ますし、大阪杯よりもスタミナ色が強くなりやすい宝塚記念で、さらに内外の差もなくなれば巻き返すことが出来る。

 

 

▲ラッキーライラック
オルフェーヴル産駒(サンデーサイレンス系)
追い切りは栗東CW 82.8-66.9-52.1-38.3-11.4 単走
エリザベス女王杯1着、香港ヴァーズ2着と、宝塚記念につながりやすいレースでの実績を評価。
今回は大阪杯よりもスタミナ色の強いレースになるでしょうが、この実績があれば心強い。
大阪杯はすべてが上手くいった感はありましたが、それもこの馬にレースの上手さがあるから。
自在性があるのでここでも無理なく流れに乗れば好勝負になる。

 

 

△サートゥルナーリア
ロードカナロア産駒(ミスプロ系)
追い切りは栗東坂路 51.3-36.8-23.9-12.2 単走
能力は現役最強クラスだし、母系には底力もある。
それでも王道から少しズレた適性が要求されやすい宝塚記念では、王道タイプすぎるこの馬は何かにやられるのではないかという不安は出てくる。
それでもあのタフな有馬記念で2着に来ているのだから、こなせるだけの適性はあるし、大きく崩れることもないはず。

 

 

△グローリーヴェイズ
ディープインパクト産駒(サンデーサイレンス系)
追い切りは美浦南W 65.2-50.6-37.2-12.3 併せ先着
宝塚記念は香港馬や香港実績のある馬が活躍しているレースで、香港ヴァーズを勝ったこの馬にも期待が出来る。
母母父のメジロライアン(ノーザンテースト系)も宝塚記念の勝ち馬。

 

 

△モズベッロ
ディープブリランテ産駒(サンデーサイレンス系)
追い切りは栗東坂路 54.5-38.5-24.1-12.1 併せ先着
中距離の持続力レースの中で速い脚を使えるタイプなので、天皇賞からの距離短縮は好材料。
宝塚記念は中距離の中でもスタミナ色の強いレースですが、日経賞や中京芝2200mでの好走があることからこなせると見ました。

 

 

△トーセンカンビーナ
ディープインパクト産駒(サンデーサイレンス系)
追い切りは栗東坂路 52.8-38.1-24.3-12.1 併せ先着
スタートが遅い馬ではありますが、天皇賞は前半のペースを考えればさすがにもう少し何とかなったはず。
そういう意味では乗り替わりはプラスになる可能性はある。
馬群を割ってくることも出来るのでこの枠も面白い。

 

 

△レッドジェニアル
キングカメハメハ産駒(ミスプロ系)
追い切りは栗東CW 80.9-65.8-51.3-38.1-12.1 併せ先着
2200mでスタミナ的な持続力が要求された京都新聞杯の勝ち馬。
前走の鳴尾記念もスタミナが要求されましたが、ここでも3着まで伸びてきた。
スタミナレースでの末脚には期待出来るタイプで、今回も侮れない。

 

【予想印】

◎クロノジェネシス
○ブラストワンピース
▲ラッキーライラック
△サートゥルナーリア
△グローリーヴェイズ
△モズベッロ
△トーセンカンビーナ
△レッドジェニアル
買い目:◎○▲の単勝、◎と○からワイド
◎から3連単マルチ、○から3連複

あわせて読みたい宝塚記念2020関連の記事はこちら

⇒宝塚記念2020の1週前追い切り情報
⇒宝塚記念2020プレ予想サートゥルナーリア編
⇒宝塚記念2020プレ予想ブラストワンピース編
⇒宝塚記念2020最終追い切り情報

 

 

PR.これが夏競馬を席巻している『価値ある情報』
グロリアの『宝塚記念』は必見です!

 

グロリアでは

 

・本物の人材

・高度なデータ分析

・独自の情報

 

これらを確保することで『価値ある情報』を提供することが出来ています。

グロリアの情報に興味を持たれた方はこちらから無料登録してみてください。
⇒http://glo-ria.com/

先週は函館スプリントSとユニコーンSをダブル的中!

先々週はマーメイドSで100万オーバー!帯封ゲット!!

こういう的中を生み出す情報を『価値ある情報』っていうんですよね。

そんなグロリアが提供する
『宝塚記念の価値ある情報』
気になりませんか!?

 

実力馬が揃っているので思わぬ高配当が期待出来そう!

グロリアの情報があれば心強いですね!

 

気になる方はこちらからかんたん無料登録してみてください
⇒http://glo-ria.com/

宝塚記念2020予想
最新情報をチェックしよう!