【宝塚記念2019】出走予定馬 レイデオロは父、母父とも好走血統

6月23日(日)に行われる宝塚記念2019阪神芝2200mの出走予定馬(登録馬)と過去5年の血統データを予想に役立つ見やすい色分け表にまとめました。

宝塚記念の血統データを分析することで、今年の注目馬を探します。

 

ドバイシーマクラシック以来となるレイデオロ

そろそろ2つめの勲章が欲しいキセキ

大阪杯からG1連勝を狙うアルアイン

悲願達成なるかエタリオウ

今年の宝塚記念は豪華メンバーが揃っています。

 

広告

宝塚記念2019の予想オッズ

 

レイデオロ 3.3倍

キセキ 3.6倍

リスグラシュー 5.4倍

エタリオウ 6.3倍

アルアイン 8.5倍

 

レイデオロは中間のトーンが上がってくれば、もう少し抜けた人気になるかもしれません。

 

 

PR.【すごい競馬】という凄い名前のサイト、ご存じですか!?

【すごい競馬】の何が凄いのか?
それは「馬券がすごい」
⇒【すごい競馬】への無料会員登録はこちらから

 

 

宝塚記念の血統傾向

宝塚記念2019の出走予定馬

 

キングマンボ(ミスプロ系)の血統を持つ馬が3勝と大活躍しています。
昨年は1着、2015・2016年は1着2着でした。
パワーがあって溜めも利くのでこのコースが合っているのだと思われます。
※今年の登録馬でキングマンボ(ミスプロ系)の血統を持つのはキセキ・レイデオロ

 

 

☆やはりパワーがあるということでロベルト系も良いですね。
※今年の登録馬ではクリンチャー・ノーブルマーズ・レイデオロの母父がロベルト系です。

 

 

☆2017年は父ノーザンダンサー系(大系統)のサトノクラウンが1着、
2018年は父ノーザンダンサー系(大系統)の外国馬ワーザーが2着に好走。
このように、日本の主流からズレた血統にもチャンスのあるG1です。

 

 

ディープインパクト産駒(サンデーサイレンス系)は牝馬がよく走っています。

 

 

☆スタミナ的な持続力に優れたトニービン(グレイソヴリン系)の血統を持つ馬にも注意したいですね。
※今年の登録馬ではキセキ・スワーヴリチャード・ノーブルマーズ・リスグラシューがトニービン(グレイソヴリン系)の血統を持っています。

 

 

☆スタミナ寄りの総合力が要求されることの多いレースです。

 

 

【宝塚記念】の血統プライマル

(過去3年の1~3着馬9頭が対象)
☆タイプ:スタミナ型(万能型)9/9、パワー型血統9/9
☆スピード系統:6/9
☆父の系統ターントゥ系(大系統)4/9
☆父のサンデー度:3/9
☆注目血統キングマンボ(ミスプロ系)
ロベルト系
ディープインパクト産駒(サンデーサイレンス系)の特に牝馬
トニービン(グレイソヴリン系)

 

 

PR.【すごい競馬】という凄い名前のサイト、ご存じですか!?

もしまだ知らないのであれば、
これから有名になってしまう前に
いち早く利用した方が良いかもしれません。
⇒【すごい競馬】への無料会員登録はこちらから

 

それだけこのサイトは今すごいです

 

【すごい競馬】の何が凄いのか?

 

それは「馬券がすごい」のです。

はっきりいって一番大事なところですよね(笑)

 

先週の的中実績はこちら
さらに先々週はマーメイドSとエプソンCの重賞を両方とも的中しているんですよね(゚Д゚)

 

【すごい競馬】はユーザーに無理させないように
基本的に1レース3,000円以内での勝負。

 

最小限の馬券で、最大限の利益を追求しています。

 

だからこそ

「参考にしやすい」
「資金が少なくても楽しめる」

と多くの方に好評なのですが、良い考え方だなと思いませんか?

 

今無料登録をすれば今週の宝塚記念の情報を含めた
土日ともすごい情報を無料提供!

 

無料登録に必要なのはメールアドレスのみ。
⇒【すごい競馬】への無料会員登録はこちらから

 

 

宝塚記念2019の出走予定馬
最新情報をチェックしよう!
広告