【STV杯2019】予想!スピード型サンデー系を狙います

7月13日(土)に行われるSTV杯2019の予想です。

STV杯の過去3年の血統データや、STV杯が行われる函館芝1200mの血統データを予想に役立つ見やすい色分け表にまとめています。

STV杯2019の出馬表

STV杯2019予想参考血統データ

★STV杯の過去3年の結果

STV杯2019過去3年の傾向

クラリオン系マッチェム系といった傍流血統の活躍が目立っています。
昨年の勝ち馬ハウメアも母母父がIndian Ridge(クラリオン系)でした。

 

 

☆中心はダンチヒ系ヌレイエフ系ストームバード系ヴァイスリージェント系といったスピードのあるノーザンダンサー系(大系統)を持つ馬となっています。

 

 

ダイワメジャー産駒(サンデーサイレンス系)タイキシャトル(ヘイロー系)の系統・フジキセキ(サンデーサイレンス系)の系統など、スピード型ターントゥ系(大系統)も良いですね。

 

 

★函館芝1200mの傾向

STV杯2019予想参考函館芝1200mの傾向

☆中心はスピード型ターントゥ系(大系統)

 

 

ノーザンダンサー系(大系統)では特にダンチヒ系が良さそうですね。

 

 

PR専門部署を設けた情報収集サイトの予想はすごかった!
そのサイトはベストレコード→ 無料登録はコチラ

一番の注目点は、
【無料情報が豊富(中央+地方)】
【無料予想で1万円程度の軍資金で30万以上になる的中実績が豊富】

運営スタートは2012年からで老舗サイトの信頼もあります。
ベストレコード→ 無料登録はコチラ

 

 

STV杯2019の予想

◎はキンシャサノキセキ産駒(サンデーサイレンス系)のセンショウユウト。
スピード型ターントゥ系(大系統)はSTV杯でもそうですし、今の函館芝1200mでも中心になっている血統で、キンシャサノキセキ産駒(サンデーサイレンス系)もこれに該当します。
センショウユウトは母系にパワーがあり道悪も問題なし。

 

 

○オフクヒメ
こちらもキンシャサノキセキ産駒(サンデーサイレンス系)
函館適性は高く、今回も安定して走ってきそうです。

 

 

▲アリア
スピード型ターントゥ系(大系統)ダイワメジャー産駒(サンデーサイレンス系)
函館2歳S3着などもあるように函館芝1200m適性は高い。
血統的にもある程度前の方に行くことが出来れば巻き返し可能だと思います。

 

 

△シンデレラメイク
母父が傍流血統のキャプテンスティーヴ(ダマスカス系)という点がレース傾向から注目。
勝ちきれないタイプではあるものの、どういう競馬になってもまとめてくるタイプでもあり侮れない。

 

 

△クインズチャパラ
ロードカナロア産駒(ミスプロ系)
同産駒のコース成績はやはり優秀。
前走は馬体を減らしていたので、立て直しが出来ていれば変わってくると思います。

 

 

【予想印】

◎センショウユウト
○オフクヒメ
▲アリア
△シンデレラメイク
△クインズチャパラ
買い目:◎○▲の単勝
◎から3連単マルチ、○から3連複

 

 

PR専門部署を設けた情報収集サイトの予想はすごかった!

競馬サイトなので有料情報もありますが、一番の注目点は、

【無料情報が豊富(中央+地方)】
【無料予想で1万円程度の軍資金で30万以上になる的中実績が豊富】

運営スタートは2012年から。業界では老舗サイトと信頼もある。

予想方法は昔からブレることがなく変わりません。

【各専門部署のデータを集計+システムで割出すデータ分析の組み合わせ】

 

そのサイトはベストレコード→ 無料登録はコチラ

 

勝つ競馬を求める人は、これから言う3つの事を実践してみてください。

1、無料登録をして「無料予想をもらう」「ポイントをもらう(30pt)」
2、まず無料情報で稼ぐ

無料コーナーは超充実!そのなかでも調教から見た注目馬は必見です。
3、30ptを使って有料50ptのプランを使ってみる。

※確認)50pt-30ptで残20pt(2,000円分)だけで試せるので良心的です。

勝つ競馬を求める人は、この3つを今週チャレンジしてみてください。

重賞については、注目馬:月曜日無料

買い目:週末有料(その週に専門各所で情報収集に動くため)となってます。

無料で公開される注目馬は、厩舎の思惑から見た【なぜこのレースでこの馬】という鉄板の馬を公開してくれるので、要チェック項目と言ってもいいかもしれません。

初心者には使いやすく、中~上級者には説得力のあるサイトだと思います。

メールアドレスの入力だけの簡単登録です。→ http://b-record.com/

 

STV杯2019過去3年の傾向
最新情報をチェックしよう!