フェアリーS2020(3連複万馬券など的中)・シンザン記念の回顧

フェアリーステークス2020の1~5着馬の血統はこちらの表のようになっております。

フェアリーS2020の予想はこちらでした。
(ワイド・3連複的中)

スマイルカナが好スタートから逃げ切り勝ち。
直線入り口での急加速が後続へのトドメになりましたね。
前半は速めのペースでしたが、直線入り口で急加速出来たことから中盤で楽が出来たことは間違いないと思います。

 

 

PR.年明けの競馬、太めの馬が多くて困るな~と感じた方は『馬生(ウマナマ)』がオススメ。
現場の生情報に定評のあるサイトです。

 

シンザン記念2020の1~5着馬の血統はこちらの表のようになっております。

シンザン記念2020の予想はこちらでした。

勝ったサンクテュエールはスタートはいまいちでしたが、押して内の3番手を確保。
結果的にはこれが大正解。

2着のプリンスリターンは2番手
3着のコルテジアは上位2頭の後ろを通る形。

これに対してルーツドールはスタートは普通に出ましたし、新馬戦での先行力からも前に行けたはずだったのですが、一度控えてサンクテュエールが位置を獲りに行ったところを見てまた上がって、でもまた下がってというちぐはぐな競馬。
大きな馬で後手に回ると良くないという面も出てしまいました。

 

日曜日の中山11RポルックスSは◎スワーヴアラミスが4馬身差の圧勝。

押して2番手を獲り、4コーナー先頭から直線でも脚色衰えずに突き放すという強い内容。
しかもこれはダートのレースですが、いかにも覚醒したハーツクライ産駒(サンデーサイレンス系)というレース内容で、今後のダート中長距離路線で要注目の存在だと思います。

 

 

PR.『馬生(ウマナマ)』の強みは現場からのナマ情報と少ない買い目
本物の生情報は必見です!!

 

年明けの競馬どうですか!?

これだけ時代が進んでも、正月明け、そして冬場ということもあり、
太めの馬が多かったと感じませんでしたか?
つまり、今の時期はいつも以上にレース当日の状態が重要になるのです。

 

こういう時に頼りになるのが現場の生情報ですし、
今回見つけた『馬生(ウマナマ)』は、その生情報に定評があるんです。

 

調整過程での状態はもちろん、
レース当日の馬場状態や、
パドックに返し馬までしっかりとチェックして
まさにナマ情報を配信してくれます。

 

僕なんかは血統で予想を組み立てていますから、
こういうナマ情報を補完できることはかなり助かりますし、
実際かなり助かっています。

 

これは他のデータ派、指数派などにとっても良いサポートになると思いますね。

 

『馬生(ウマナマ)』はメールアドレスだけ必要で
登録は無料なのですが
それでも質の高い情報がもらえるんです。

 

しかも、今はちょうどキャンペーン中で
新規登録者の中から抽選で選ばれた方には
「新規入会お試しプラン」という、普段は有料で提供しているプランを
無料で提供してくれるとのこと!

このプラン、今週も2鞍合計で14万円の払い戻し!

 

これはとりあえず運試しのつもりで無料登録するのが良いかもしれませんね。

 

ナマ情報で大きく勝つ!『馬生(ウマナマ)』【シンザン記念】無料極秘ナマ情報は必見!
人数限定での公開ですので締め切っていたら申し訳ございません。
早めに登録することをオススメします!
↓  ↓  ↓  ↓
⇒馬生への無料登録はこちらから

最新情報をチェックしよう!