【関屋記念2019】プレ予想 ケイデンスコール末脚上位も流れに対応出来るか

8月11日(日)に行われる関屋記念2019のプレ予想です。

関屋記念の主な出走予定馬の血統、タイプ、好走するための条件、今回のレースでの評価などをまとめています。

 

広告

関屋記念2019主な出走予定馬の短評

関屋記念2019出走予定馬の血統

オールフォーラヴ

ディープインパクト産駒だが瞬発力タイプではない。
前目で進めて上がりもまとめるという感じで、
このスタイルは関屋記念向きでもある。
積極的なレース運びが出来ればチャンスあり。

 

 

ケイデンスコール

ロードカナロア産駒
末脚は強烈。
ただ、これまでに好走したレースは
中盤緩んだり前の馬が仕掛けを待ってくれたりというレース。
関屋記念は中盤緩みにくい分だけ、
前との差を上手く縮められず届かないということもあるかもしれない。

 

 

ソーグリッタリング

ステイゴールド産駒
エプソムCは急加速が要求されたが何とか対応した感じ。
出来れば持続力レースの方が良いが、
1600mのスピードに対応出来るかは微妙。
前半で上手く流れに乗ることが出来るかがカギ。

 

 

 

 

フローレスマジック

母系からスピードの持続力はあるし、
ディープインパクト産駒なので直線での反応もそれなりに出来る。
近年の関屋記念に合っているタイプで
溜める意識が強くなりすぎなければチャンは回ってくるはず。

 

 

ミエノサクシード

ステイゴールド産駒
スピードが最重要のヴィクトリアマイルから
タフさが必要な中京記念替わりはこの馬には良かったが、
今回の関屋記念はスピード寄りなので条件としては落ちるか。
位置取りが計算出来ればまだ良いのだが・・・・・・

 

 

ミッキーグローリー

ディープインパクト産駒
母系の持続力を上手く後半に使うことが出来ていた。
中盤で緩んだりすればそれを活かしやすいが、
近年の関屋記念の流れだとそういうポイントが出来ることは期待しにくい。
能力はもちろん上位だが。

 

 

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第54回 関屋記念(G3)
第24回 エルムS(G3)

情報的に注目すべき馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

サマーマイルシリーズの第2戦となる関屋記念は、第1戦と同じく左回りのマイル戦で行われる。しかし、過去10年で中京記念で馬券になった馬の好走は、2017年2着馬ウインガニオン(中京記念1着)しかおらず、ほとんど直結していない。これにはいくつか理由がある。

まず、中京記念はハンデ戦であり、関屋記念は別定戦との違いがある。中京記念で賞金加算してココに出走した場合、前走より重い斤量を背負う可能性は高くなる。また、直線に坂があり、時計の掛かりやすい最終週で行われる中京記念に対して、直線平坦で高速決着が多い上に、開幕して3週目で馬場のいい関屋記念では条件が大きく異なり、求められる適性も違ってくる。更には連戦する場合は中2週と、夏場だけに楽なレース間隔ではない。連続好走には高いハードルが存在するのだ。

その上、サマーマイルシリーズのチャンピオン狙う馬や、秋のGIを見据えた馬の参戦などが重なり、各陣営の思惑が色々と巡るのだから、ひと筋縄でいかないのは当然だ。

 

そして、今年の中京記念は3歳馬のワン・ツー決着と、これまでとは違った傾向も出ている。去年の関屋記念を制したのは3歳馬だったプリモシーンだったが、今年もNHKマイルC2着で新潟2歳Sを制しているケイデンスコールが参戦予定しており、注目を集めることになるだろう。

 

こうした状況の中、人員不足でコメントや調教時計は各社使い回しが当たり前、印は枠順確定前に打つ新聞社の情報をアテにしていては、的中を馬券に近づくことなど困難であるのは当然。だからこそ、業界最高峰の情報網を持ち、確かな関係者情報を入手することができるシンクタンクの情報力に注目してもらいたい。

競馬界の大物OBや大物関係者が情報ルートとして名を連ね、全国各地に情報ルートがいるから、新聞社があえぐ“取材不足”とは無縁であり、どんな場面でも関係者達から本音を聞き出している。そのことを知っていただくため、今週は【関屋記念・エルムSの情報馬5選】を特別無料公開する。ぜひお見逃しなく。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第54回 関屋記念(G3)
第24回 エルムS(G3)

情報的に注目すべき馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を

無料で教えます

ココをクリック!

関屋記念2019出走予定馬の血統
最新情報をチェックしよう!
広告