皐月賞2022予想 ハーツクライ産駒でもスピードの裏付けあるあの馬から

皐月賞2022の予想です。

皐月賞2022の出走馬と過去5年の血統データ、単勝人気とオッズを予想に役立つ見やすい色分け出馬表にまとめています。

前日オッズは
1番人気ドウデュース 4.9倍
2番人気ダノンベルーガ 5.7倍
3番人気イクイノックス 5.8倍
4番人気デシエルト 8.0倍
5番人気キラーアビリティ 8.5倍

発走は4月17日(日)15時40分の予定です。

 

PR.この春一番の注目新サイト!『OYAYUBI競馬』

フェブラリーSで46万円、先週の阪神牝馬Sでも43万円の的中!
まだみんなに知れ渡っていない今が
この『OYAYUBI競馬』を利用するいちばん美味しい時とも言えますね!
勝負事は先手必勝!【皐月賞】も注目ですね。

 

皐月賞2022の予想参考血統データ

★皐月賞2022出走馬と過去5年の傾向

皐月賞2022予想

☆基本的にはスピードの持続力が重要になりやすいレースです。
スピードとパワー、ある程度のスタミナが必要になります。
やはり道悪の方がパワーとスタミナの重要性は上がっている印象です。

 

 

ディープインパクト(サンデーサイレンス系)は産駒ももちろん活躍していますが、母父としての好走も増えてきそうですね。

 

 

キングカメハメハ(ミスプロ系)の系統もよく走っています。
特にスタミナ型ノーザンダンサー系(大系統)トニービン(グレイソヴリン系)の血統をあわせ持つ馬がよく走っています。

 

 

☆パワーがあり中山得意なロベルト系にも注目です。

 

 

☆基本的には前走上がり上位の脚を使って好走していた、能力が高く状態も良い馬が中心になっていますが、道悪だと前走の上がり順位の重要性は下がっています。

 

★土曜中山芝コースの傾向

☆4レースとも道悪で行われキングカメハメハ(ミスプロ系)の系統とダンチヒ系の活躍が目立っていました。
※皐月賞の出走馬で父または母父がキングカメハメハ(ミスプロ系)の系統なのはグランドライン・ジャスティンロック・ダンテスヴュー・ジオグリフ・デシエルト
父または母父がダンチヒ系なのはグランドライン・ビーアストニッシド

 

皐月賞2022の予想

◎ドウデュース
ハーツクライ産駒(サンデーサイレンス系)
最終追い切りは栗東P 86.4-70.2-53.9-39.7-11.5 単走
2020年2着のサリオスと同じ朝日杯FSを勝ったハーツクライ産駒
皐月賞はやはり道中のスピードが重要なので、1600mのG1を勝てるだけのスピードと完成度の高さの裏付けがあることはプラス。
ドウデュース自身前向きな面があるので追走に苦労するということもない。
その分だけ少し溜めが利きにくいという不安点もあるものの、瞬発力よりも持続力が要求されやすいレースなので対応しやすいし、パワーとスピード持続力に優れた母系の血統からも中山内回りコースのここは合うし、3冠の中でもっともチャンスがあるはず。

 

 

○ジオグリフ
ドレフォン産駒(ストームバード系)
最終追い切りは美浦南W 84.3-67.9-52.9-38.3-11.2 併せ先着
新馬戦は東京で勝っているものの、本質的には軽い瞬発力タイプではなく、パワーとスピードの持続力に良さがあるタイプ。
札幌2歳ステークスを勝っていることから中距離に必要な分のスタミナもある。
そのため前走東京→中山替わり、距離延長となる今回は条件良化となるはず。

 

 

▲デシエルト
こちらもドレフォン産駒(ストームバード系)
最終追い切りは栗東CW 83.8-67.8-52.7-37.4-11.6 単走
デビューからダートを連勝、初芝の若葉Sも逃げ切り勝ち。
まだトップクラスの馬たちと走っていないというのが不安点でもあり、魅力でもあり。
ただ、ダイナカールの牝系という超良血馬なので格負けするということもないし、若葉Sも馬場状態を考えればレース後半に11秒台のラップを3つ続けたことは能力の高さの証明だと感じる。

 

 

△キラーアビリティ
ディープインパクト産駒(サンデーサイレンス系)
最終追い切りは栗東CW 84.4-68.2-53.1-38.0-11.7 併せ同入
同じコースで行われたホープフルSの勝ち馬。
母系がスタミナとパワーに優れた血統なので瞬発力レースよりも持続力レースの方が合っている。
前向きさもあるのでペースが速くなっても対応しやすいし、折り合い面を考えればむしろ好都合か。

 

 

△ジャスティンパレス
ディープインパクト産駒(サンデーサイレンス系)
最終追い切りは栗東坂路 57.5-41.8-27.1-13.5 単走
ホープフルSは2着。
こちらも鋭い決め手があるわけではないが、総合力で勝負出来るタイプ。
ホープフルSでも内容的には劣っていなかったし、馬自身に伸び代がありそうなので逆転も十分あり得る。
破壊力を補完してくれそうな鞍上も魅力。

 

 

△ダノンベルーガ
ハーツクライ産駒(サンデーサイレンス系)
最終追い切りは美浦南W 84.6-67.8-52.6-38.0-11.9 併せ先着
ダービーの最有力馬だと思っているので、個人的には直行してくれた方が扱いやすかった。
東京で大味な競馬しかしていない現状で中山でパフォーマンスを上げてくることはさすがに考えにくい。
ただ、小細工せずに大外をぶん回しても、展開や風などが噛み合えば突き抜けるだけのポテンシャルもある。
それだけに最内枠は悩ましい。

 

 

△イクイノックス
キタサンブラック産駒(サンデーサイレンス系)
最終追い切りは美浦南W 84.8-68.3-53.3-38.6-11.6 併せ先着
こちらも新潟に東京という広いコースの経験しかないものの、機動力も高いものを持っていそうな雰囲気もある。
それだけにこちらは大外が悩ましい。
ポテンシャルの高さはダノンベルーガと双璧か。

 

【予想印】

◎ドウデュース
○ジオグリフ
▲デシエルト
△キラーアビリティ
△ジャスティンパレス
△ダノンベルーガ
△イクイノックス
買い目
本線:◎○▲の単勝
余裕があれば 3連単フォーメーション ◎○▲→◎○▲△→◎○▲△
または、3連複フォーメーション ◎○▲-◎○▲△-◎○▲△

あわせて読みたい皐月賞2022関連の記事はこちら

⇒皐月賞2022の1週前追い切り情報
⇒皐月賞2022最終追い切り情報

 

 

PR.この春一番の注目サイトか!?『OYAYUBI競馬』

2022年にすごいサイトが新しくできた!
という噂を聞いて、ここ何週間か『OYAYUBI競馬』というところをチェックしていました。

すると、一発目のG1フェブラリーSで46万円
先週の阪神牝馬ステークスでも43万円の的中!

確かにこれはすごいかも。

なぜこんなに当たるのか調べてみたら、
どうやら『OYAYUBI競馬』には
経歴、特徴などの違った様々なタイプの予想のプロ達が在籍しているらしいんですね。

そんな実績のあるプロフェッショナルが、
会員へのサポートを全力でしているというのですから
この連続的中も納得ですね。

 

新しいサイトですから、今後も調査を続けていきたいと思いますが
まだみんなに知れ渡っていない今が
この『OYAYUBI競馬』を利用するいちばん美味しい時とも言えますね!
勝負事は先手必勝ですからね。

 

今週は皐月賞の予想を無料で配信するということですから
この機会にこちらから無料登録して『OYAYUBI競馬』の実力を試してみるのも良いかもしれません。
⇒https://oyayubikeiba.jp/

そして、ここは本物だなと感じたら
そのまま春のG1シーズンを通して参考に出来ますからね^^

シンクタンク京都記念2023
暴露王京都記念2023
皐月賞2022予想
最新情報をチェックしよう!