【プリンシパルステークス2020予想】本命ポタジェ

5月9日(土)に行われるプリンシパルステークス2020の予想です。

プリンシパルSの過去3年の血統データを予想に役立つ見やすい色分け表にまとめています。
プリンシパルステークス2020予想
 

PR.徹底的に研究、解析し効率的に利益を出す方法を確立した新進気鋭サイト

それが新進気鋭サイトの『ユニコーン』


上のような的中を毎週のように生み出していることから
その実力は相当なものだとわかります。

『ユニコーン』への無料会員登録はこちらから⇒http://u-nicorn.com/

 

プリンシパルS2020予想参考血統データ

★プリンシパルSの過去3年の結果

プリンシパルステークス2020過去3年

☆父または母父がキングマンボ(ミスプロ系)という馬が3連勝中。
毎年2頭が馬券圏内に来ています。

 

ディープインパクト(サンデーサイレンス系)の系統も毎年馬券圏内に来ています。

 

トニービン(グレイソヴリン系)などのグレイソヴリン系は人気薄での好走もあり要注目です。

 

★東京芝2000mの血統傾向

プリンシパルステークス2020予想参考

ロベルト系の活躍が目立っています。

 

プリンシパルS2020の予想

◎ポタジェ
ディープインパクト産駒(サンデーサイレンス系)
重賞4勝をあげたルージュバックの半弟。
ディープインパクト(サンデーサイレンス系)の血統はプリンシパルSでも活躍。
スタートなどレース運びには荒さがあるものの、素質の高さはここでもトップクラス。
休み明け前のレース内容でも通用するし、成長しているようならもっと楽しみ。

 

 

○サトノフウジン
こちらもディープインパクト産駒(サンデーサイレンス系)
そこまで軽くキレるタイプではないので展開や流れに左右される面もある。
それでも血統・能力から有力候補であることは間違いない。

 

 

▲スレプトン
キングカメハメハ(ミスプロ系)
キングマンボ(ミスプロ系)の系統はプリンシパルSの超好走血統で、この血統を持つ馬が3連勝中。
前走馬体重を増やしてパフォーマンスを上げてきたことも好感。

 

 

△マイネルブラシウス
スクリーンヒーロー産駒(ロベルト系)
ロベルト系は今東京開催で好調な血統で、スクリーンヒーロー産駒(ロベルト系)もフローラSを勝っています。
2月の未勝利戦は好位から上がりもまとめる隙のないレース内容。
脚元の不安がり急仕上げ感が否めないという点が不安ですが、力を発揮出来るようなら好勝負になるはず。

 

 

△ビターエンダー
オルフェーヴル産駒(サンデーサイレンス系)
展開に注文は付くものの、能力は重賞級の馬。

 

 

△アリストテレス
父エピファネイア(ロベルト系)×母父ディープインパクト(サンデーサイレンス系)×母母父トニービン(グレイソヴリン系)
血統的な魅力はあるし、能力も高い。
軽さのある血統ではないので少し展開待ちになるかなという印象。

【予想印】

◎ポタジェ
○サトノフウジン
▲スレプトン
△マイネルブラシウス
△ビターエンダー
△アリストテレス
買い目:◎○▲の単勝
◎から3連単マルチ、○から3連複

 

 

PR.徹底的に研究、解析し効率的に利益を出す方法を確立した新進気鋭サイト

競馬を徹底的に研究、解析し
効率的に利益を出す方法を確立致しました。

こう豪語するのが新進気鋭サイトの『ユニコーン』

馬体観察のプロ集団によるジャッジ
独自の情報源
最新鋭の予想式(AIによるものか?)

これらが『ユニコーン』の予想の軸のようです。


上のような的中を毎週のように生み出していることから
その実力は相当なものだとわかりますが、

少ない買い目で的中している辺り、
馬体観察のプロ集団によるジャッジ・独自の情報源・最新鋭の予想式
これらが上手く機能しているんだなと感じます。

特に
高配当が手に入るなら、重賞レースじゃなくても問題ない
という方にオススメ出来るサイトです。
無料登録でも毎週予想は配信されるので
まずはそこで実力を試してみることが出来るのも良いですね。

新サイト『ユニコーン』への無料会員登録はこちらから⇒http://u-nicorn.com/

控えめに言っても、ここは2020年最大の注目サイトだと思います。

プリンシパルステークス2020過去3年
最新情報をチェックしよう!