オークス2022予想 2冠目も中穴ドゥラメンテ産駒に警戒

オークス2022の予想です。

優駿牝馬オークスの出走馬と過去5年の血統データ、単勝人気とオッズを予想に役立つ見やすい色分け出馬表にまとめています。

前日オッズは
1番人気サークルオブライフ 4.0倍
2番人気アートハウス 6.7倍
3番人気スターズオンアース 7.2倍
4番人気ナミュール 7.3倍
5番人気エリカヴィータ 9.6倍

発走は5月22日(日)15時40分の予定です。

 

PR.勝負レース予想で的中連発の『エクストラ』
これは『オークス』にも期待出来る!!

エクストラへの無料登録はこちら
⇒https://extra-horse.com/

 

オークス2022の予想参考血統データ

★オークス2022出走馬と過去5年の傾向

オークス2022予想

☆2020年は父ロベルト系という馬が1着2着でした。
昨年の勝ち馬も母母父がこの系統だったことから引き続き注目です。

 

 

ゴールドシップ産駒(サンデーサイレンス系)が2年連続で好走。
やはり距離が延びて良さが出ている感じですね。

 

 

キングカメハメハ(ミスプロ系)の系統も存在感あり。
春の東京開催に対応出来るスピードがありながら道中の溜めが利くというのが良いのだと思います。

 

★土曜日の東京芝コースの傾向

☆1600m~2400mの全4レースで3代以内にグレイソヴリン系の血統を持つ馬が勝っていました。
※オークスの出走馬ではベルクレスタ・シーグラス・ピンハイが3代以内にグレイソヴリン系の血統を持っています。

 

 

☆オークスと同じ2400mでは父または母父がサドラーズウェルズ系という馬が2着3着に好走していました。
※オークスの出走馬ではルージュエヴァイユが該当します。

 

オークス2022の予想

◎ベルクレスタ
ドゥラメンテ産駒(ミスプロ系)
最終追い切りは栗東坂路 53.2-38.9-24.6-12.3 併せ先着
クイーンCは道中内で動けず前の馬の動きに影響を受けて4コーナーでは最後方、直線も決してスムーズとは言えなかったが3着まで伸びてきた。
桜花賞は7着止まりも、前が有利な結果・窮屈な位置でサークルオブライフと並んで伸びてきたことを考えれば悲観は不要。
半姉のアドマイヤリードは1600〜1800mのタフなレースが得意なタイプでしたがオークスでは力を出せず。
ただ、母系にはスタミナのある血統が散りばめられていますし、ベルクレスタ自身1600mは少し忙しそうなことから気性が勝ったタイプでもなさそうで、血統と気性から距離はもつのではないか。
何よりも姉をよく知っている陣営が、ベルクレスタはもともとオークスが良いと思っていたとコメントしていることから、姉とは違った面を感じているはずで、これは心強い。

 

 

○プレサージュリフト
ハービンジャー産駒(ダンチヒ系)
最終追い切りは美浦南W 67.8-52.9-38.6-11.8 併せ同入
デビュー2戦目でクイーンCを勝利。
桜花賞馬スターズオンアースやベルクレスタといった強敵相手の勝利で価値がある。
桜花賞は前・内の馬が優勢というレースで最後方・大外では仕方がない。
東京に戻り、さらに距離延長で桜花賞組を逆転する可能性は十分にある。

 

 

▲ライラック
オルフェーヴル産駒(サンデーサイレンス系)
最終追い切りは美浦南W 83.2-66.6-51.9-37.8-11.9 併せ同入
新馬戦は東京1800mで勝利。
この時負かしたエピファニーは先週2勝目をあげた素質馬。
フェアリーSではスターズオンアースにも勝利。
同じ1600mでも年明けで時計がかかりスタミナ寄りだったフェアリーSに対して、スピード色の濃かった桜花賞では見せ場なく16着。
スタミナレースの方が良いタイプ、そして東京実績もあることから、桜花賞→オークスで最も変わり身を期待出来るのはこの馬かもしれない。

 

 

△スターズオンアース
ドゥラメンテ産駒(ミスプロ系)
最終追い切りは美浦南W 83.4-66.8-52.3-37.6-11.9 併せ先着
桜花賞馬。
桜花賞はスローなのに動きが少なく馬場も良かったため外の差し馬の出番はなく前に行ったスピード馬が残ったのだが、この馬は馬群でレースが出来たため勝負圏内にいることが出来たし、周りにいるスピードタイプ相手なら決め手も上位ということになるので、いろいろなことが噛み合ったなという印象。
もともと崩れることなく堅実な走りをする実力馬ではあるのだが、少し爆発力に欠けるタイプでもあった。
今回は大外なので立ち回りの上手さを桜花賞ほどは活かせないかもしれない。
血統的には母系からも不安はない。
早い段階で馬群に潜り込めるようなら、もちろん2冠も見えてくる。

 

 

△サークルオブライフ
エピファネイア産駒(ロベルト系)
最終追い切りは
母はスピード血統を多く持ち短距離馬だったことを考えれば2400mがプラスになるタイプだとは言いにくいが、それでもこの時期のエピファネイア産駒なら対応は出来るのではないか。
僅差でもしっかり結果を出してきた馬が、トライアルのチューリップ賞→G1の桜花賞と着順を下げていることの方が気になる。
それでも桜花賞で不利な後方外からもっとも良い脚で伸びてきた実力は評価しなければいけない。

 

 

△アートハウス
スクリーンヒーロー産駒(ロベルト系)
最終追い切りは美浦南W 67.5-52.2-37.4-11.1 併せ同入
デビューから3戦とも阪神内回りの2000m
母のパールコードはヴィクトワールピサ産駒(サンデーサイレンス系)で秋華賞2着だったことからも、この馬も内回りコースなどの持続力レースの中での決め手に優れたタイプという可能性は高い。
そうなると直線の長い東京ではあまり良さを出せないかもしれないのだが、上手く溜めを利かせることの出来た前走の内容がとても良く、あれなら少し適性からズレていたとしても能力だけで好走してしまうのではないかと感じる。

 

 

△エリカヴィータ
キングカメハメハ産駒(ミスプロ系)
最終追い切りは美浦南W 68.6-53.1-38.1-11.7 併せ同入
フローラSではレース運びの上手さを発揮して勝利。
1600mの新馬戦と2000mのフローラSどちらも同じくらいの脚を使えていることから、距離が延びても相手が強くなっても堅実な走りをしてきそうで侮れない。

 

【予想印】

◎ベルクレスタ
○プレサージュリフト
▲ライラック
△スターズオンアース
△サークルオブライフ
△アートハウス
△エリカヴィータ
買い目
本線:◎○▲の単勝
余裕があれば 3連単フォーメーション ◎○▲→◎○▲△→◎○▲△
または、3連複フォーメーション ◎○▲-◎○▲△-◎○▲△

あわせて読みたいオークス2022関連の記事はこちら

⇒オークス2022の1週前追い切り情報
⇒オークス2022最終追い切り情報

 

 

PR.無料情報で的中連発の『エクストラ』

今週はオークスを無料公開!!

エクストラは勝負レースで的中連発!!
これは今週の『オークス』にも期待出来そう。

 

 

この的中実績を見て
「このサイトは本物かもしれない」と感じることが出来たあなた!

違いがわかるあなたこそ、特別な予想サイト『エクストラ』にふさわしい
選ばれし人物なのかもしれません。

 

まず『エクストラ』への無料登録をお勧めします。
⇒https://extra-horse.com/

 

 

所属の馬券師による情報×データ×リスク管理が的中の秘訣です。

その勝利の方程式で多くの予想を的中しています。

 

無料登録をするには
こちらのリンク先に飛んで、メールアドレスを登録するだけ。
⇒https://extra-horse.com/
これで週末の情報をゲットすることが出来ます。

『エクストラ』がG1レースで頼りになることは確実ですね。

この機会に『エクストラ』是非チェックしてみて下さい。
⇒https://extra-horse.com/

『オークス』の予想も楽しみですね!!

シンクタンク京都記念2023
暴露王京都記念2023
オークス2022予想
最新情報をチェックしよう!