オークス2020プレ予想 デアリングタクト血統的には東京芝2400mの鬼

5月24日(日)に行われる優駿牝馬オークス2020のプレ予想です。

オークス2020の主な出走予定馬の血統、タイプ、好走するための条件、今回のレースでの評価などをまとめています。

 

 

PR.徹底的に研究、解析し効率的に利益を出す方法を確立した新進気鋭サイト

それが新進気鋭サイトの『ユニコーン』


上のような的中を毎週のように生み出していることから
その実力は相当なものだとわかります。

『ユニコーン』への無料会員登録はこちらから⇒http://u-nicorn.com/

 

オークス2020主な出走予定馬の短評

オークス2020出走予定馬

アブレイズ

キズナ産駒
2戦2勝。
2戦目で重賞のフラワーCを勝ったことは大したもの。
ただ、スピードレースの経験がないし、
血統的にもそうなるときつそう。

 

 

ウインマリリン

スクリーンヒーロー産駒
総合力の高い馬。
フローラSは状況的には恵まれたし、
もっとスピードやキレが要求されると厳しくなるが、
それでもまとめてくるだけの力はある。
侮れないタイプ。

 

 

クラヴァシュドール

ハーツクライ産駒
桜花賞では道中の不利もあったが4着まで押し上げた。
血統的には東京のスピードにも対応出来るものがある。
まだ見限れない。

 

 

スマイルカナ

ディープインパクト産駒
先行力と一瞬の加速力が魅力。
さすがに距離への不安はあるが、
脚質などから一発の可能性は秘めている。

 

 

デアリングタクト

エピファネイア産駒
父、父の母、母父が東京芝2400mのG1レースを勝っている血統。
スピードタイプではないがスピード負けするわけでもなく、
位置取りさえ失敗しなければ2冠のチャンス十分。

あわせて読みたいオークス2020関連の記事はこちら

⇒オークス2020の1週前追い切り情報
⇒オークス2020過去5年の血統傾向
⇒オークス2020東京芝コースの血統傾向
⇒オークス2020最終追い切り情報
⇒オークス2020プレ予想デゼル編

 

 

PR.徹底的に研究、解析し効率的に利益を出す方法を確立した新進気鋭サイト

競馬を徹底的に研究、解析し
効率的に利益を出す方法を確立致しました。

こう豪語するのが新進気鋭サイトの『ユニコーン』

馬体観察のプロ集団によるジャッジ
独自の情報源
最新鋭の予想式(AIによるものか?)

これらが『ユニコーン』の予想の軸のようです。


上のような的中を毎週のように生み出していることから
その実力は相当なものだとわかりますが、

少ない買い目で的中している辺り、
馬体観察のプロ集団によるジャッジ・独自の情報源・最新鋭の予想式
これらが上手く機能しているんだなと感じます。

特に、高配当が手に入るなら、重賞レースじゃなくても問題ない
という方にオススメ出来るサイトです。
無料登録でも毎週予想は配信されるので
まずはそこで実力を試してみることが出来るのも良いですね。

新サイト『ユニコーン』への無料会員登録はこちらから⇒http://u-nicorn.com/

控えめに言っても、ここは2020年最大の注目サイトだと思います。

オークス2020出走予定馬画像
最新情報をチェックしよう!