ニュージーランドトロフィー2022出走予定馬と血統傾向 2年連続好走の穴血統とは

4月9日(土)に行われるニュージーランドトロフィー2022中山芝1600mの出走予定馬(登録馬)と過去5年の血統データを予想に役立つ見やすい色分け表にまとめました。

ニュージーランドTの血統データを分析することで、今年の注目馬を探します。

 

ニュージーランドTの出走予定馬と血統傾向

ニュージーランドトロフィー2022出走予定馬

ロベルト系が2年連続人気薄で好走しています。
この血統のパワーが有効なのだと考えられます。
※今年の登録馬ではアバンチュリエがロベルト系です。

 

 

☆2016~2018年には母父リファール系という馬が3年連続で好走しました。
持続力が重要なレースということで、この血統の良さが出ているのかもしれません。

 

 

☆2017~2019年には父ノーザンダンサー系(大系統)が3年連続で好走していました。
このことからも瞬発力より持続力が重要なレースだということがわかります。

 

【ニュージーランドT】の血統プライマル

(過去3年の1~3着馬9頭が対象)
☆タイプ:パワー型9/9
☆スピード系統:9/9
☆父の系統ターントゥ系(大系統)6/9
☆サンデー度:3/9
☆注目血統ロベルト系
リファール系
父ノーザンダンサー系(大系統)

 

 

PR.毎週土日は高精度3連複の無料提供アリ
“他サイトには提供できない”
「宝」のような貴重な情報をお試し下さい⇒『宝馬』

ニュージーランドトロフィー2022出走予定馬
最新情報をチェックしよう!