鳴尾記念2020血統傾向 3年連続好走中の血統とは

6月6日(土)に行われる鳴尾記念2020阪神芝2000mの出走予定馬(登録馬)と過去5年の血統データを予想に役立つ見やすい色分け表にまとめました。

鳴尾記念の血統データを分析することで、今年の注目馬を探します。

鳴尾記念の血統傾向

鳴尾記念2020出走予定馬

☆先行力のある持続力タイプが強いレースです。

 

 

ステイゴールド産駒(サンデーサイレンス系)が3年連続で好走しています。
やはりコーナーの多い持続力レースでは警戒が必要な血統です。
※今年の登録馬ではトリコロールブルー・パフォーマプロミスがステイゴールド産駒(サンデーサイレンス系)です。

 

 

ロベルト系の血統を持つ馬も活躍しています。
昨年はブラックスピネルが2着に好走しました。
※今年の登録馬で父または母父がロベルト系なのはサイモンラムセス・パフォーマプロミス・ブラックスピネル・マイハートビート・レッドガラン

 

 

☆2016年まではトニービン(グレイソヴリン系)の血統を持つ馬が3連勝、昨年の勝ち馬メールドグラースもこの血統を持っていました。
スタミナ的な持続力に優れた血統です。
※今年の登録馬でトニービン(グレイソヴリン系)の血統を持っているのはアドマイヤジャスタ・サンレイポケット・ジェシー・チェスナットコート・ドミナートゥス

 

 

☆早い時計の決着になるとパワースピード型ノーザンダンサー系(大系統)ボールドルーラー系といったスピードの持続力に優れた血統が台頭してきます。

 

【鳴尾記念】の血統プライマル

(過去3年の1~3着馬9頭が対象)
☆タイプ:スタミナ型(万能型)8/9、パワー型8/9
☆スピード系統:8/9
☆父の系統ターントゥ系(大系統)6/9
☆サンデー度:5/9
☆注目血統ステイゴールド産駒(サンデーサイレンス系)
ロベルト系
トニービン(グレイソヴリン系)
パワースピード型ノーザンダンサー系
ボールドルーラー系

 

 

PR.ユーザー視点で毎週プラス収支をスローガンに掲げる新サイトが登場

競馬のサイトに大事なことって何でしょうか?

能書きももちろん大事ですが、
もっとも大事なのはこういう結果ですよね!?
↓  ↓  ↓  ↓

 

能書きより結果。何より的中が欲しい!
という方にオススメのサイトです。
無料登録は⇒こちらから

 

1度無料登録すれば毎週情報をくれますから
こういうのは早めに登録した方がお得だと思いますよ。

無料登録は⇒こちらから

鳴尾記念2020出走予定馬
最新情報をチェックしよう!