【中山記念2020プレ予想】ダノンキングリー持続力レース適性も高い

3月1日(日)に行われる中山記念2020のプレ予想です。

中山記念2020の主な出走予定馬の血統、タイプ、好走するための条件、今回のレースでの評価などをまとめています。

 

 

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第94回 中山記念(G2)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

→ココをクリック!←

━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

中山記念2020主な出走予定馬の短評

中山記念2020出走予定馬

ダノンキングリー

ディープインパクト産駒なのでキレ味ももちろんあるのだが、
ひいらぎ賞の内容などからスピードの持続力も素晴らしいものがあり
それは中山記念でも大きな武器になるはず。

 

 

ペルシアンナイト

ハービンジャー産駒
2018年の凡走は位置取りが悪すぎたことが原因。
少頭数は悪くないが、
タフな条件の方が向いているタイプで、
そうなるとこの頭数でそういう流れや展開になるかというジレンマが生じる。

 

 

マルターズアポジー

ゴスホークケン産駒
2018年には逃げて3着に好走したが、
同じように展開的には楽だったはずの昨年は粘れなかった。
前走の1600mから1800mに距離が延びることは良いが、
能力的には厳しくなっているか。

 

 

ラッキーライラック

オルフェーヴル産駒
昨年は2着。
自在性のあるタイプだが、
近走は差す競馬をしているので、今回前に行くかは微妙なところ。
香港→中山でスピードが要求されたときに対応出来るか少し不安もある。

 

 

あわせて読みたい中山記念2020関連の記事はこちら

⇒中山記念2020過去5年の血統傾向
⇒中山記念2020プレ予想インディチャンプ編
⇒中山記念2020最終追い切り情報
 

 

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第94回 中山記念(G2)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

→ココをクリック!←

━━━━━━━━━━━━━━━━━

ドバイに香港、オーストラリアと、春から海外遠征が盛んになってきた近年は、この中山記念が前哨戦のひとつして選択されることが多くなった。
国内専念組にとっても、大阪杯の前哨戦となり、GI級の豪華メンバーが顔を揃う注目のレースとなっている。

 

今年も昨年の覇者ウインブライト、マイル王インディチャンプ、ラッキーライラックにペルシアンナイトといったGI馬に、無冠ながらも現4歳世代トップクラスのダノンキングリーらが参戦を予定。今後を占う上で重賞な1戦となるだろう。

 

しかし、必ず頭に入れておかねばならぬのは、有力各馬にとっては、ココが前哨戦に過ぎないことだ。
過去10年で1番人気の勝利はわずかに2勝、現在3連敗中かつ馬券圏外に終わってしまっている。
前哨戦は「あくまで叩き台。結果には拘らない」という陣営も少なからず存在する。そこに中山という紛れの生じやすいコースが、レースをより難しくするわけだ。

 

馬券的中に近づくためには、各陣営の確かな思惑、直前まで可能な情報収集態勢、多角的なデータ分析などなど、一介の新聞記者、一般ファンレベルでは不可能なレベルの情報力が要求されることになる。

 

そんな要求に応えることができるのが、名馬サクラスターオーを手掛けた平井雄二元調教師率いるシンクタンクの重賞メイン特捜部だ。
競馬界の大物関係者達が名を連ね、馬主、騎手、厩舎、牧場、外厩、エージェントなどなど、あらゆるところから情報を聞き出し、データを扱うプロが膨大なデータを分析と、日々的中に近づくための研鑽を続けている。

 

その情報力の一端を、少しでも多くの競馬ファンに知っていただくために、弊社シンクタンクでは情報の特別無料公開を行っている。
今週は中山記念の関係者情報+馬券候補5頭を公開するので、競馬をより深く知りたい方、もっと楽しみたい方、馬券で勝ちたい方などなど、とにかく一見して欲しい。体感すれば、あなたの競馬力もアップすること間違いなし。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
第94回 中山記念(G2)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

→ココをクリック!←

中山記念2020出走予定馬
最新情報をチェックしよう!