マイルチャンピオンシップ2020(単勝など的中)回顧

マイルチャンピオンシップ2020の1~5着馬の血統はこちらの表のようになっております。

マイルCS2020の予想はこちらでした。
(単勝・ワイド的中)

ペースはスロー。
これで直線入り口でペースアップしたので、外を回った差し追い込み馬には厳しいレースに。
そう考えるとサリオスは大したものですが、それだけに馬がれに乗って結果につながるレースが出来ていればと考えてしまいますね。

◎グランアレグリアは馬群で動けず、直線でも前にも外にも馬がいて苦しい状況でしたが、インディチャンプを行かせてから外に出すとしっかり差し切り。
これは馬の力が抜けていたことと、ルメール騎手の好判断。
一瞬の速さを武器にするタイプではないですから、そういう脚を速い段階で使ってしまうと最後に甘くなってしまった可能性もあり、焦って内を突かずに外に出せるタイミングを待ったことは大正解だったと思います。

インディチャンプは一瞬の脚は素晴らしいですが、それを持続出来ないですし、結果的にグランアレグリアに外に出すタイミングを与えてしまったことを考えると、少し仕掛けが早かったか。
それでもこれは仕方のない範囲だったと思いますし、十分に力は出せたと思います。

 

 

東京スポーツ杯2歳ステークス2020の1~5着馬の血統はこちらの表のようになっております。

東京スポーツ杯2歳S2020の予想はこちらでした。
(単勝・ワイド的中)

レインフロムヘヴンが後続を離しての逃げ。
ただ、直線を迎える前にペースを落としたので、後続の馬たちは楽に差を詰めることが出来ました。
レインフロムヘヴン以外はスローだったこともあり、最後は瞬発力勝負。
流れと馬場から外目を通った馬が中心になりました。

ドゥラヴェルデもスタートで遅れたところからしばらくは外目に持っていく機会があったのですが、そのまま内を進んでしまいました。残念ですね。

 

3日間開催、血統フェスティバルメルマガ・完全版の配信レース成績は土曜と月曜がプラス。
3日間開催トータルの回収率は126%でした。

2年連続でプラス回収継続中の血統フェスティバルメルマガ・完全版の詳細はこちら⇒https://bfkeiba.com/mailmagazine/

最新情報をチェックしよう!