レパードステークス2021出走予定馬と血統傾向 2年連続で好走している血統とは

8月8日(日)に行われるレパードステークス2021新潟D1800mの出走予定馬(登録馬)と過去5年の血統データを予想に役立つ見やすい色分け表にまとめました。

レパードSの血統データを分析することで、今年の注目馬を探します。

 

レパードSの血統傾向

レパードステークス2021出走予定馬

パイロ産駒(ボールドルーラー系)が2年連続で好走しています。
昨年は1着3着となりました。
※今年の登録馬ではタイセイアゲインがパイロ産駒(ボールドルーラー系)です。

 

 

☆ダートなのでパワー型血統はもちろん必要ですが、良馬場の場合は道中しっかり脚が溜まることも重要で、それが出来るパワー型ターントゥ系(大系統)キングマンボ系(ミスプロ系)が中心になっています。

 

 

☆交流重賞や古馬相手に走った経験がある馬には要注目。
こういったタイプは人気薄でも侮れません。

 

【レパードS】の血統プライマル

(過去3年の1~3着馬9頭が対象)
☆タイプ:パワー型9/9
☆スピード系統:9/9
☆父の系統サンデーサイレンス系ボールドルーラー系ともに3/9
☆注目血統パイロ産駒(ボールドルーラー系)
パワー型ターントゥ系(大系統)
キングマンボ系(ミスプロ系)

あわせて読みたいレパードS2021関連の記事はこちら

⇒レパードS最終追い切り情報

 

 

PR.『SEED』が求めるのは何よりも【利益】

 

様々な投資経験を経て
『SEED』が辿り着いた結論

それは『短期間での高回収を狙うことこそが、競馬投資の最適解』

 

本当に勝ちたいのなら
まずは『SEED』で勝ち方のセオリーを学ぶべき!

 

『SEED』に登録すれば
毎週4レースの無料情報がもらえます!

レパードステークス2021出走予定馬
最新情報をチェックしよう!