京成杯・日経新春杯・愛知杯2021回顧

京成杯2021の1~5着馬の血統はこちらの表のようになっております。

京成杯の予想はこちらでした。

超スローペースで直線でもそれなりに速い脚が求められた。

勝ったグラティアスは内を先行。
前で逃げていたタイムトゥヘヴンが内を空けることになったので、上手く加速しながら距離ロスもなく直線を向くことが出来た。
スローペースから末脚だけという新馬戦と同じようなレースなので現時点でこの馬がどのくらいタフなレースに対応できるかはわかりませんでしたが、スッと反応出来た辺り結構買い制度は高いのかもしれません。

 

 

日経新春杯2021の1~5着馬の血統はこちらの表のようになっております。

日経新春杯の予想はこちらでした。

先団で進めたショウリュウイクゾがパワーで押し切り。
今中京開催ではこういうタイプが良いですし、そういうタイプを狙ったのですが、内目~中枠の馬たちはアドマイヤビルゴの好スタートからの内への切れ込みで軒並み位置を悪くしてしまいました。
その分だけショウリュウイクゾの位置取りが想定より前になり、ベストポジションになったというレース評価です。

 

 

愛知杯2021の1~5着馬の血統はこちらの表のようになっております。

愛知杯の予想はこちらでした。
(ワイド的中)

前半ハイペースで後半は12秒台のラップが続くスタミナ持続力が問われるレースに。

父ディープインパクト(サンデーサイレンス系)×母父シンボリクリスエス(ロベルト系)配合の2頭が1着2着。
軽いキレ味は削がれていても、しっかりした末脚は使える血統なのでこの流れに合ったのだと思います。

◎ランブリングアレーは6番人気ながら2着に好走。
もう少しで勝てそうだったので残念ではありますが、適性・能力・巻き返すタイミングをしっかり見極めることが出来たと思います。

 

 

PR.昨年大ブレイクした新サイトに2021年も注目!

アルケミストは昨年2月のフェブラリーステークスで130万円超えの大的中!

 

これで注目されるようになったのですが、
プレッシャーもなんのその。

先日もこの通り。

アルケミストが勝っている理由
それは競馬を知り尽くしたプロによる徹底した馬券戦略が練られているから

まず第一に「勝てるレース」と「勝てないレース」を事前に調査、選定を行い、
常に高確度を見込めるレースのみを厳選。
これにより的中率を高めています。

次に情報の最適化。
アルケミストでは想定される配当や目標となる配当に応じて取得する情報を最適化。
勝利への最短距離を進むことが出来ます。

 

こういった馬券戦略によって大きな的中が生み出されるのです。

『アルケミスト』には要注目!

今なら毎週4レースの無料情報がもらえます!
↓無料登録はこちらから↓

最新情報をチェックしよう!