【キーンランドカップ2019】プレ予想 ナックビーナス巻き返しあるぞ

8月25日(日)に行われるキーンランドカップ2019のプレ予想です。

キーンランドCの主な出走予定馬の血統、タイプ、好走するための条件、今回のレースでの評価などをまとめています。

 

広告

キーンランドC2019主な出走予定馬の短評

キーンランドカップ2019出走予定馬

アスターペガサス

Giant’s Causeway産駒
函館スプリントSは
少頭数・スローなので先行出来たし、
それが上手くいったが前を捕らえることは出来なかった。
多頭数になれば前に行くことは計算しにくいし、
前走ほど恵まれるとは考えにくい。

 

 

タワーオブロンドン

Raven’s Pass産駒
函館スプリントSは3着となんとか1200mにも対応したが
少頭数→多頭数でロスはもっと大きくなりそう。
能力は高いので展開が向けばチャンスはあるだろうが・・・・・・

 

 

ダノンスマッシュ

ロードカナロア産駒
決め手を活かすタイプなので
不利を受けやすい点は心配ではあるが、
川田騎手は動いていってもたせる競馬も得意なので
新しい面が見られるかもしれない。
もちろん決め手を活かす競馬でも進路さえ出来れば問題なし。

 

 

 

 

ナックビーナス

ダイワメジャー産駒
昨年の勝ち馬。
高松宮記念は位置を下げ気味の競馬になったことが裏目に出たし、
前走は香港なので仕方ない。
春までは特に問題はなかったので巻き返しの可能性は十分。

 

 

ライオンボス

バトルプラン産駒
直線コースではスピードと馬格を活かして3連勝。
ただ、普通のコースだと少し不器用さと
揉まれたときの脆さがある。

 

 

リナーテ

ステイゴールド産駒
ベストは1400mかなとも思うが
1200mでも瞬発力・持続力とも変わりはなさそう。
器用な競馬も出来るタイプだし
血統のバランスも良く有力。

 

 

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第14回 キーンランド(G3)

情報的に注目すべき馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

夏の短距離重賞は牝馬の活躍が目立つが、このレースも過去10年で7勝、現在6年連続連対と“牝馬優勢”となっている。
純粋に斤量面で有利であり、3歳牝馬と古馬の牡馬では6キロ差付くこともあるのだから、牝馬が活躍しやすい理由はハッキリとしている。

しかし、必ずしも牝馬だけを狙えばいいという話ではない。
牝馬同士のワン・ツー決着は3度しかないのだから、牡馬やセン馬のジャッジもしっかりとできなくては、馬券的中には近づけない。

事実、1番人気の勝利は僅かに2度しかなく、“牝馬優勢”の傾向がわかっていながら全ての年で万馬券決着となっており、一昨日は12番人気エポワスから11万4130円的中を狙い撃ったように、10万馬券以上の決着が3度もある。
世間的には“難解”なレースと言えよう。

なぜ“難解”になるのか。
それは、北海道は調教施設が札幌競馬場、函館競馬場に分かれていることに加え、今は外厩仕上げが主流となっており、入厩10日でレースに出走することも少なくないから。
牧場施設は一般マスコミの取材範囲外であるから、競馬場にいる期間が少なければ取材する時間もほとんどないため、その馬の状態、陣営の思惑などをシッカリ把握することなどできない。

そもそも、夏競馬期間中の一般マスコミは人手不足に喘いでいるから、重賞だろうと調教の時計やコメントの合わせ、要するに使い回しを行うのが普通。
こういった情報をアテにしていては、的中に近づくのは至難の業と言えよう。

無論、競馬界の大物OBや大物関係者が情報ルートとして名を連ね、業界最高峰の情報網を持つと自負するシンクタンクは、人手不足や取材不足は無縁の話。
各方面から関係者情報を入手することができるから、夏競馬期間中はより情報力が生きることになる。

我々の情報力、そして本物の関係者情報の存在を多くの競馬ファンに知って頂くため、今週はキーンランドカップの【情報注目馬5選】を特別無料公開する。
シンクタンクの情報を未体験の方は、同日に行われる北九州記念と合わせて活用して頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第14回 キーンランド(G3)

情報的に注目すべき馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

キーンランドカップ2019出走予定馬
最新情報をチェックしよう!
広告