【阪急杯2020予想】1400m重賞実績ある穴馬を狙います

阪急杯2020の予想です。

阪急杯の出走馬と過去5年の血統データ、単勝人気とオッズを予想に役立つ見やすい色分け出馬表にまとめています。

前日オッズでは
1番人気フィアーノロマーノ
2番人気ダイアトニック
3番人気ステルヴィオ

発走は3月1日(日)15時35分の予定です。

 

 

 

アルケミストが勝っている理由
それは競馬を知り尽くしたプロによる徹底した馬券戦略が練られているから

まず第一に「勝てるレース」と「勝てないレース」を事前に調査、選定を行い、
常に高確度を見込めるレースのみを厳選。
これにより的中率を高めています。

次に情報の最適化。
アルケミストでは想定される配当や目標となる配当に応じて取得する情報を最適化。
勝利への最短距離を進むことが出来ます。

こういった馬券戦略によってフェブラリーSの130万超え的中などが生み出されるのです。

この春最大の注目の新サイト『アルケミスト』
無料登録はこちら⇒https://alchem-ist.com/

 

阪急杯2020の予想参考血統データ

★阪急杯過去5年の傾向

阪急杯2020予想

☆前残りになることもあれば、距離短縮馬の差し追い込みが決まる年もあります。

 

 

☆昨年は「前走1600m、上がり1位」だったスマートオーディンが勝ちました。
※今年の出走馬ではステルヴィオとダイアトニックが前走1600mで上がり上位の脚を使っています。

 

 

☆一昨年は父ノーザンダンサー系(大系統)が1着2着でした。

 

 

ノーザンダンサー系(大系統)の中でもリファール系ダンチヒ系には要注目です。
リファールの血統を持つ馬は4連勝中です。

 

 

★阪神芝コースの傾向

ロードカナロア産駒(ミスプロ系)などミスプロ系がよく勝っています。

 

 

ロベルト系も好調です。

 

 

☆母父でノーザンダンサー系(大系統)も好調です。
特にスタミナ型ノーザンダンサー系(大系統)の活躍が目立っています。

 

 

阪急杯2020の予想

◎ハッピーアワー
ハービンジャー産駒(ダンチヒ系)
追い切りは栗東CW 51.4-38.2-12.4 単走
昨年重賞勝ちとなったファルコンS以来、約1年ぶりの1400m。
1200m→1400mの距離延長で脚を溜めながら走れるようになるし、京都→阪神替わりでしぶとさを活かしやすくなる。
流れや仕掛けのタイミングが噛み合えば外からの強襲に期待出来る条件。

 

 

○クリノガウディー
スクリーンヒーロー産駒(ロベルト系)
追い切りは栗東坂路 51.8-36.9-23.6-11.7 単走
パワフルな動きで好時計をマークしました。
前走の東京新聞杯を前目で粘ったことは評価出来るし、ワンペースの流れになりやすい1400mに距離短縮することも今回は良さそう。
阪神の急坂もこの馬のしぶとさを発揮しやすい。

 

 

▲ジョイフル
キングズベスト産駒(ミスプロ系)
追い切りは栗東坂路 52.4-38.4-24.9-12.2 単走
同じ系統で阪急杯を好走しているレッツゴードンキやトーキングドラムのように最後にグイッと差し込んで来られるタイプ。
その2頭とも内枠から差してきており、最内枠のこの馬にも期待出来そう。

 

 

△フィアーノロマーノ
ハービンジャー産駒(ダンチヒ系)
追い切りは栗東坂路 51.5-37.0-23.9-11.8 単走
同じコースで行われた阪神Cは2着。
スピードの持続力を活かしやすいコースは得意で、阪神芝1400mはその得意条件に当てはまっています。

 

 

△マイスタイル
ハーツクライ産駒(サンデーサイレンス系)
追い切りは栗東坂路 54.9-38.9-24.7-12.2 併せ先着
総合力の高い馬。
1400mでは溜め気味に進める競馬が合っていると思いますし、落ち着いてそれが出来れば巻き返しも可能だと思います。

 

 

△ダイアトニック
ロードカナロア産駒(ミスプロ系)
追い切りは栗東坂路 51.9-37.6-24.3-12.0 単走
スワンSの勝ち馬で、能力と1400m適性は上位。
ただ、阪神内回りコースはパワーや機動力の面で少し適性は落ちるかもしれない。

 

 

△ライラックカラー
ルーラーシップ産駒(ミスプロ系)
追い切りは美浦南W 70.3-55.4-40.9-12.5 併せ同入
前走1200mで速いペースを経験したことはプラスになりそう。
器用なタイプではないので内枠を上手く克服したい。

 

 

△ベストアクター
ディープインパクト産駒(サンデーサイレンス系)
追い切りは美浦坂路 54.0-39.1-25.3-12.5 併せ先着
ディープインパクト産駒(サンデーサイレンス系)の差し馬というのは非主流の馬が活躍しやすい阪急杯に合っているとは言いにくいのですが、この馬は1400mが得意なタイプですし、前傾ペースでも結果を出していることから対応出来るのではないかと思います。

 

【予想印】

◎ハッピーアワー
○クリノガウディー
▲ジョイフル
△フィアーノロマーノ
△マイスタイル
△ダイアトニック
△ライラックカラー
△ベストアクター
買い目:◎○▲の単勝、◎と○からワイド
◎から3連単マルチ、○から3連複

あわせて読みたい阪急杯2020関連の記事はこちら

⇒阪急杯2020プレ予想ステルヴィオ編
⇒阪急杯2020プレ予想ダイアトニック編
⇒阪急杯2020最終追い切り情報

 

 

PR.注目新サイトがフェブラリーステークスで130万円超えの大的中!

この春、最大の注目をあつめるであろう新サイト
アルケミスト

先週のフェブラリーステークスでさっそく130万円超えの大的中!

 

アルケミストが勝っている理由
それは競馬を知り尽くしたプロによる徹底した馬券戦略が練られているから

まず第一に「勝てるレース」と「勝てないレース」を事前に調査、選定を行い、
常に高確度を見込めるレースのみを厳選。
これにより的中率を高めています。

次に情報の最適化。
アルケミストでは想定される配当や目標となる配当に応じて取得する情報を最適化。
勝利への最短距離を進むことが出来ます。

 

こういった馬券戦略によってフェブラリーSの130万超え的中などが生み出されるのです。

この春最大の注目の新サイト『アルケミスト』

今なら毎週4レースの無料情報がもらえます!
↓無料登録はこちらから↓

阪急杯2020予想
最新情報をチェックしよう!